• 9 / 70 ページ

出会い、別れ

・・・寝付けない
夢を見る・・・何百頭もの獣が俺に襲い掛かってくる
最初の数匹は事も無く葬れる、問題はこの後・・・
弾が尽きる・・・俺はナイフを取り出す
最初の数匹は事も無く葬れる、問題はこの後・・・
体力が尽きる・・・俺は成す術がなくなる
最初の数匹に事も無く葬られる、問題はここから・・・
まずは全身に激痛が走る、腕を一本持っていかれる
次に全身に恐怖が走る、腕をもう一本持っていかれる
次に全身から汗が吹き出る、足を一本持っていかれる
次に視界が赤くぼやける、足をもう一本持っていかれる
次に眼球が動かなくなる、臓物を持っていかれる
次に自分を上から見下ろす、首から上が繋がっていない
次に過去が駆け巡る、心臓を美味と食らわれる
次に、次に、次に・・・目が覚める
・・・寝付けない
夢を見る・・・何百人もの人が俺を恐れている
最初の数人を事も無く葬る、問題は起きない・・・
弾が尽きる・・・俺はナイフを取り出す
最初の数人を事も無く葬る、問題は起きない・・・
体力が尽きる・・・俺は成す術がなくなる
最初の数人は襲い掛かってこない、問題は起きない・・・
まずは激痛で動けない人間の腕を落とす
次に恐怖に苛まれた人間の腕を落とす
次に汗が吹き出た人間の足を落とす
次に視界のぼやけた人間の足を落とす
次に既に眼球の動かなくなった人間の臓物を抉り出す
次に既に意識の無くなった人間の首を刎ねる
次に既に人間の形を成してないソレの心臓を握りつぶす
次に、次に、次に・・・目が覚める
・・・目が覚める
・ ・ ・ 朝?
「そろそろ起きるんだ!ねぼすけが!」
おっさんの声が聞こえる・・・俺は寝てたのか?いつの間に?
食卓からは香ばしい、いい香りが漂っている
外に目をやると、今日も雨が大地を濡らしていた・・・いつもの朝だった

更新日:2009-10-12 10:13:16

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook