• 70 / 70 ページ

あとがき

 どうも、Re-Xin(りさいん)です。
いかがだったでしょうか?楽しんで頂けましたでしょうか?
 まともな小説を書いたのは初めてなので、不安で一杯でした。
 正直、感想というものを頂けていなければ本当に完結なんて出来なかったと思います。
 そして、あとがきと称して、感想を頂いた皆様にお礼を申し上げたいと思います。

菜和怜火様

 初めて感想を頂いた方です。本当に、感想を書いてくださって、ありがとうございます!そのお陰で、グッとモチベーションが上がりました!菜和怜火様に感想を頂けていなかったら、書くのを3日程度で投げていたと思います。その後も、暖かな感想を頂けた事で、僕は投げ出さずに書いてこれたと思います。

万城哉鬼様

 僕のレビューに★5つをつけてくださった方です。それと、ファンになってくれた方でもあります。毎回、細部まで感想を頂き、悶え死にそうになった事もございました。心が弱くてすいません。最後まで読んで下さっていると信じて、もう一度尋ねたいです。本当に★5つでよかったですか?と。

フランなんだなぁ様

 小説を書き始めてかなりページ数が増えていたにも関わらず、最初から読んでいただいた方です。毎回、本当に暖かい感想を頂けて、そしてご指摘までしてくださって、本当にお世話になりっぱなしでした!どうでしょうか。行間の空け方は途中からですが、意識して書いてみたのですが、読みやすくなりましたでしょうか?不安で一杯です・・・

 そして、読んでくださってる方が、他にもいらっしゃると信じて、言います。
 僕の拙い小説とも呼べるか分からない作品を、最後まで読んで頂いて、本当にありがとうございました!
 もはや、この作品は、僕一人で作り上げたのではなく、皆様と一緒に作り上げた作品であると思っています!
 本当に、最後まで暖かな感想を頂いたお三方に加え、読んでくださった全ての人に言います。

 本当に、ありがとうございました!

 あと、本当にどうでもいい事を、一つ。
 次回作などは、まだ考えておりません。今は、この作品を書き終えた事で、頭が一杯になっていますので・・・。また、何か閃きましたら、書きたいと思います。
 
 それでは皆様に最大級の感謝を込めて、ここに終わらせて頂きます。

 本当にありがとうございました。

更新日:2009-10-29 06:28:12

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook