• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 18 / 24 ページ

1-6水中都市崩壊!新たなメカ4号?

 ズン!つくつっくつくつくつくつく・・・

 主人公「やっぱBGMをつけると最高だぜ!」
 ハルカ「また無駄な機能つけて・・・」
 主人公「お、発進準備完了。リミっタ正常、出力正常、あともうオールグリーンかな?1号機出発!」

静かな浜辺の後ろにそびえる岸壁。そこから突如、円筒の穴が出現。と、思ったら爆音とともに1号機が発進・・・いや、発射されたというほうが正確だろう。聖槍のごとく天を切り裂き、地平線の向こうへ消えていった・・・(無駄な情景描写乙

 主人公「さ、到着までにランチ・・・いや、なんか暗くなってきたし、ディナーか、食事にしよう!はい、これハルカの分。」
 ハルカ「いっただきまぁす!もぐもぐぅ・・・って食えるか!石じゃない!」
 主人公「お、いいノリツッコミ!・・・じゃなくて何で石が?間違えたか?」
 ハルカ「もう!おなか減ったおなか減ったおなか減ったあ!!はあはあ・・・」
 主人公「余計おなか減るぞ。そうだ!セイントなお兄さんに頼んで、石をパンにしてもらおう!」
 ハルカ「あ、そろそろ着くわよ。潜水準備。」
 主人公「スルーかよ。・・・しかし、こいつはひでえありさまだ。」

どんなあり様かというと?それは後半?のお楽しみだ!

更新日:2011-07-29 03:29:14