• 2 / 105 ページ

修行の時間

「風師匠!今日は何するんですか?」
「都は熱心で良いですね。」
風がやわらかい表情で笑う。

「今日はいつもとは違う修行でもしてみますか?」
「え・・・?」
風師匠はそう言うと部屋にあるソファーに私を押し倒した。
「しししし師匠!?//」
師匠の顔がすごく近い。
「顔真っ赤ですね」
「だって!師匠・・・ン!?」

私の言葉は止められた。

師匠の唇によって。

更新日:2009-08-22 21:40:42

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook