• 2 / 33 ページ

アルペジョーネとは何か

アルペジョーネという楽器の構造について、基本を整理する。

1)名称について

一般的に音楽辞典、CDなどの解説では、「アルペジョーネ」または「アルペジオーネ」を使っているが、その他では次のように英語、ドイツ語、イタリア語などではそれぞれ違いがある。

英文 : Arpeggione(伊)
邦訳: アルペジョーネ、アルペッジョーネ、アルペジオーネ
呼称: ビオロン・ギター、ギター・チェロ、ギター・バイオリンセロ、ギターレ・ヴィオロンチェロ
その他呼称:
 Guitar violincello(Violoncello 英), Bogen-Guitarre,
 Chitarra col arco ( bowed guitar ), Knie-Guitarre(膝で挟むギター),
 Guitarre-Violonncell(独), Violoncell-Guitarre,  
 Sentimental ‐Liebes-Guitarrre
 Guitarre d'amour (仏、ギター・ダモーレ、ギター・ダムール、愛しいギター)
などとも呼ばれているが、すべて同類のギター・チェロの複合楽器に属する。

2)構造的分類について

定義: アルペジョーネとは

1 「チェロの演奏技術を応用したギター」とは、bowed guitarの直訳

(出典:音楽之友社、「標準・音楽辞典」、大橋敏成氏の定義、1991年10月より引用)

2 アルペジョーネ(Arpeggione)とは、1823年~1824年にシュタウファー(Johann Georg Staufer)により発明された6弦の弦楽器。弓を用いてチェロのような構えで演奏するが、重音を出すことが容易であり、24のフレットを持つなどギターの特徴も併せ持つ。現在、演奏に使われることはほとんどない。
シューベルトがこの楽器とピアノのためのソナタを1824年に1曲(イ短調 D821)作曲している。現在では通常この楽器の代わりにヴィオラかチェロ,稀にコントラバスを用いて演奏される。


(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より)

3 Chordophone-Lute-bowed-fretted 弓で弾くフレット付ギターの弦楽器。
Metropolitan Museum of Art 、J. Kenneth Moore  
ニューヨーク・メトロポリタン美術館、J.ケネス・モアの定義
Frederick P. Rose Curator in Charge, Department of Musical Instruments, Metropolitan Museum of Art
New York City, New York 10028-0198, Tel: 212 570-3813, Fax: 212 650-2111

4 筆者の定義

アルペジョーネとは、チェロの演奏技術を応用し弓により縦弾きする6弦(E、A,D,G,B,eの調弦)をもつギターであり、ギター+チェロの複合楽器(ハイブリッド構造の楽器)を指す。


更新日:2009-08-15 10:27:49

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook