• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 70 ページ

神様からのプレゼント

ときどき、神様からのプレゼント? と思う夢を見る。
まだ都合三回見たのみだけど。
睡眠と覚醒のちょうど狭間、くらいの意識の時にそれはやってくる。

頭のてっぺん、頭のうしろ、首のうしろ、肩、背中……と、
順々に熱い電気のようなバイブレーションが、じわーっと体の中を通るのである。
昔から酷い肩こり、腰痛の全身コリコリ人間の私には、この刺激はたとえ夢であってもありがたい。
時間にすると、ほんの30秒かもっと少ないくらいなのだけど。
人に言ったら「ただの夢でしょ?」って言われて終わりだろうけど。

ぜったい、これ神様だ。
今日なんかは特にそんな風に感じた。

1回目は、ちょっと怖かった。
2回目は少し余裕あったけど、やっぱりちょっと気味が悪かった。
3回目の今日は、余裕たっぷり。なーんにも恐くない。

うわあああー。
キターーーー!
気持ちいいーーーーー。
神様ああああああ。
ありがとおおおお。

と、神様からの指圧を受けながら心の中で言っていた。

そして、指圧の最後に両足の親指の先に冷たい電気が走った。

「ハイ。これで終わりですよ。そろそろ起きなされ」

神様にそう言われたように、そこで目が覚めた。

更新日:2009-08-09 11:35:10