• 12 / 20 ページ

古い一軒家のアパート

私は何時に寝ても、夜中に最低一度は目が覚めます。
多いときは3回くらい起きます。
トイレに行くときもあれば、冷蔵庫を開けて麦茶を飲むときもあります。
全く目覚めないというのは一年を通しても2,3度あるかどうか位です。

今日は私が一戸建て(?)のアパートを借りたときの話をします。
立地条件が悪く、築何十年とかいう感じでとにかく家賃は驚くほど
安かったです。
とりあえず仕事にはバイクで行っていたので、場所は問題なかったです。
それに友人たちが集まって、相変わらず宴会を開くので、かえって好都合
だったかも。

その日は寒く鍋パーティをやったので当然、冬ですね。
例によって6,7人前後が集まってきました。
ワイワイ、ガヤガヤと騒いで、飲んで、食べて、深夜、お開きになりました。
飲酒は、もちろんいけない事ですが、当時はそれほどうるさくない、というか
罰則も取り締まりも今とは比べ物にならない程でした。

運転も出来ないほど飲んだ人間は、いつも泊まっていくのですが、その日
泊まることになったのは一人だけでした。
部屋の中はゴミや食器など洗い物が散乱しています。
ゴミは袋に入れて、洗い物は台所に運んで、もう寝ることにしました。
その時に、友人に言ったんです。
「今日はもう遅いし、洗い物は明日の朝やろう」と。

友人も、かなり酒が入っていたのか横になるとスグに寝てしまいました。
アパートの間取りは、いわゆる2Kというやつでしょうか?
平屋の日本家屋なのでリビングとかキッチンとかいう単語は
似合いません。

友人は宴会をした部屋で寝て、私は別の部屋で寝ました。
何時頃だったでしょうか?
台所から食器を洗う音が聞こえたからか、私は目が覚めました。
見ればドアの隙間から光が漏れています。

(あー、洗わなくてもいいって言ったのに律儀な奴だなー)と思い、
声を掛けることもせず、そのまま又、寝てしまいました。
朝、起きて顔を洗おうと台所へ行くと綺麗に洗われた食器類が
積みあがっています。
当然、起きてきた友人に言いました。
「洗わなくってもいいって言ったじゃん」
そしたら、友人は「洗ってないよ。前島さん、洗ったんじゃないの?」
こんな返答が返ってきたんです。

何度か問答を繰り返しましたが、埒があかないので諦めました。
友人は間違いなく私が洗ったと思っているようでした。
(そうだ・・・この友人は自分と違って、お酒が入ると絶対に
起きないんだった)
彼の事は良く知っています。
ウチに泊まったのも、10回や20回ではありません。

それに…
友人が寝ていた部屋と台所の間には建てつけの悪いガラス戸が
あるんです。
これは、とにかくガラガラとうるさい音がします。
はっきり言って洗い物の食器が触れ合う音の比ではありません。
つまり友人が台所に行くときと、戻るときと最低でも2回は、
このうるさい音が鳴り響いたことになります。
もちろん、そんな音はしませんでした。

しかも温水も出ない、暖房も無い台所で山のように溜まった食器を
酔っていた勢いとはいえ洗いますか?
凍えるような水で一気に酔いも眠気も覚めてしまいます。
スキマ風も吹き込む中、30分も立ったまま洗っていたら
大風邪をひくかもしれません。

(それならあの時、洗い物をしていたのは誰なんだろう?)
誰かが引き返してきて洗ったんだろうとか、お付き合いしている女性
でも来て洗ってくれたんだろうとか、そんな笑い話まで飛び出す始末。
古い家ですが、鍵は必ず掛けます。
冬に、そんな事の為にわざわざ窓から進入する者もいないでしょう。

あの時…あの時間に台所に誰かが、いた事は確かなんです。
もし私が、起き上がってドアを開けていたら私は何を見たんでしょう?
それを考えると、とても怖いんです。


更新日:2009-06-21 19:34:11

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook