• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 332 ページ

*** Chapter 02 心に彷徨して ***

 愛子は父の手と母の手に持ち上げられて、両手でぶら下がっていた。
「重いよ。もう大きいから疲れちゃうわ」
 母が息を切らせて苦しそうだ。それでも嬉(うれ)しそうな満面の笑顔だった。
 母の具合が悪いことは幼い愛子にも解っていた。だから、滅多に無理な甘え方を母にはしなかった。
 でも、今日は特別の日。六才の誕生日に遊園地に行く約束が果たされたのだ。
 愛子は嬉しかった。だから、昔を思い出して、ちょっとだけ母に甘えてみた。
「さあ、今度はお父さんがおんぶしてあげるから」

 森は小高い丘の上にあった。
 大気は凛(りん)として凍(い)てつき、その大気から融(と)け出したような冷たい風が吹いていた。
 風は悲しげな音を残して、白く枯れた木々の梢を渡っていった。
 空は雲一つなく晴れ渡っている。透き通った濃い青色は天空に奥行きを感じさせた。
 地は見渡す限りの荒野だった。
 朝陽を浴びて金色に輝く冬枯れの大地は大きな起伏に富んでいた。
 小高い丘や切れ込んだ谷。広大な平原や立ち枯れて点在する白い森。
 水と風と地殻(ちかく)の変動で造形された台地。表層の台地は直角に削られた深い崖(がけ)でその下の台地に被さり、その層はまた下の台地に押し上げられて、幾重にも複雑な起伏を形成していた。
 景色は乾(かわ)ききっていた。蛇行する台地の裂け目は河の跡だった。その蛇行の先に繋(つな)がった荒野の底にある平原は、大きな湖の跡だと教えられた。それらの底や周辺は塩を結晶させて白く輝いていた。はるか遠くには、真っ青な空を背景にした、白い山脈の連なりが地平線に浮かんで望めた。
 その景色の中で高低差を無視するように、道は平坦に緩(ゆる)やかに蛇行しながら地平線の彼方まで延びていた。

更新日:2009-12-24 15:54:24