• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 16 / 439 ページ

競翔2幕

 やがて3月の初旬より作出シーズンも迎え、香月の鳩舎では現在6羽の仔鳩を得る事が出来ていた。仮母と言うテクニックを使う特殊な作出方法で、一挙に香月の鳩舎もにぎやかになっていた。この仔鳩達は9月から始まる競翔に向けて訓練を重ねられる。川上氏の細かいアドバイスを忠実に守り、香月の熱心な飼育管理によって、日増しに仔鳩達は逞しく成長して行った。
 舎外訓練から、放鳩訓練の過程で徐々に成果が上がって行くのが実感出来た。一羽の落伍も無く、秋の競翔の準備が進んでいたある日の事であった。突然川上氏が香織と共に、香月の家にやって来たのだった。
「やあ!」
「わあ・・びっくりした!今日はどうされたんですか?」
「いや、近くへ来たもんだからついでにね。香織も寄りたいって言うし」
 香月と香織達の関係・・実は、春休みに香月が家庭教師を兼ねて川上氏宅へ通っていたのだ。すっかり今では仲の良い友達になっていた。川上氏が立ち寄ったのは、香月の両親とも会う為でもあった。
 家の中で、雑談する川上氏と香月の両親。香月と香織は鳩小屋の前で話していた。
「静かな所ね」
「農村地帯だからね。こっちは」
「新学期が始まって、テストがあったでしょ・・私、先生に褒められちゃった」
 嬉しそうに彼女は言った。一気に成績が50番も上がったと言うのだ。川上氏はそれが嬉しくて、お礼を香月の両親に伝えていた。初対面とは思えぬ、にぎやかな談笑が続いていた。
 そして、川上氏が2人の前に、にこやかな顔で現れた。
「いやあ、凄く楽しいご両親だねえ。私も、こんなお付き合いが出来るとは幸運だよ。香織の成績もぐんと上がって、今日は君にも感謝しに来たんだよ」
「いや、とんでも無いです。僕の方こそ香織ちゃんのおかげで、随分復習が出来ました」
 もう、すっかり川上家と香月家の間柄は、一羽の鳩によってこんな短期間に深い付き合いにまで発展していたのだった。

更新日:2008-12-10 19:06:21