• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 12 / 439 ページ

競翔

 やがて、芳川、香月によって持ち帰られた一番(つがい)の鳩は一坪の鳩舎の中に、二番の仮母達と飼われる事になった。川上氏のアドバイスを忠実に守り、粗末な鳩舎ではあったが、通風、換気などには充分な注意を払い、3番の鳩達にとっては余りある位のスペースであった。外敵の多い農村地帯なので、地上から1メートル鳩舎を持ち上げて、頑丈なほど鳩舎には外敵への気を使っていた。
 突然鳩を飼い出した香月に、母親奈津子は少し心配そうに言った。
「お父さん・・今年は大事な中学3年生だと言うのに、大丈夫ですかねえ・・」
 母親、奈津子さんの心配は世の親なら当然でもあった・。しかし、父泰樹がこう言った。
「なあに・・あいつのこんなに生き生きしてる顔は初めてだよ。日ごろから大人しい子で、親にも今まで全然心配させるような事もなかった。引っ込み思案で、学校の成績は悪くは無いが、友達も少なく隣の長男の浩二君位だろう、あいつと遊ぶのは。変わったよ。あんなに明るく息子が変わったのもきっと、川上氏と言う方が素晴らしい人だからだろう」
 泰樹は、遠くを見るような視線で、むしろ喜んでいる風だった。
「でも・・お金も掛かると言うじゃないですか、鳩のレースって。こんな大事な時期に」
「心配するな、あの子は日頃から忙しい俺達に気遣って、今までなんの無理も言わずに一人で過ごす時間が多かった。そんなあの子が一生懸命にやる事なら、黙って見守ってやろう」
 そう言って、両親は又、専業農家である自身の田畑に出かけて行った。
 香月は、この理解ある優しい両親にも恵まれていた。
 仔鳩を収容する鳩舎も2坪のスペースで建設中であり、いよいよ競翔家香月が誕生する日も近い。

更新日:2013-07-23 06:34:30