• 1 / 1 ページ

転校?

「え〜最後に、残念なお知らせがある。東雲が転校することになった。」

と、担任がいう。
はぁ?
今なんつったアイツ。
転校ってゆわなかったか?あ、あはははは。まさか、そんな訳、ないよな。
俺が転校なんてするはz「じゃあ、東雲。転校しちまったらここで話すのも最後だ、なんかあるか?」
・・・。
今、転校って聞こえた気がするなぁ。
あ、空耳か。
あ、あはははは。
現実逃避をしていると、いかにも場違いな着信音が鳴り響く。

「誰だ〜。『ハ〇のうた』なんか着メロにしたのー。」
『あ〜…俺だ・・・。』

と言い携帯を見る。
おふくろからのメールだった。

『え〜っと、〈今日、転校するから。お父さん、海外出張だから。あ、私もついていくから今日から一人暮らしねヨロシク☆〉・・・あ、あはははは、はぁ…は?』

と言い、黙り込んだ俺の黒いオーラに耐えかねたのか、担任が話しだす。

「あ〜その、なんだ。知らなかったのか?転校のこと・・・?」

どこからか「ひっ!」てゆう声が聞こえた。
また黒かったのか(笑)

「知らないに決まってんだろ(黒微)」

イライラするから黒い微笑みをくれてやった。
そのあと教室が凍り付いたのはゆうまでもない。
凍り付かせた本人はとゆうと、燃えていた。

「あのクソババア。帰ったらしばいたる!!!!」

そのあと10分は凍り付いたままだったとか(笑)

更新日:2009-05-20 23:51:44

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook