• 90 / 201 ページ

1日目


朝が来て・・・
携帯のアラームが、鳴る前に、目覚めた・・・

目の前の悠介の眠る顔に・・・
「お・は・よ・う」って、声は出さずに、囁いた。

そうだった・・・私は、きょうから出勤しなくていいんだ。
記念すべき、主婦1日目・・・?

そっとベッドから、抜け出して・・・
着替えて、真っ白なエプロンを着けて・・・

昨夜は、悠介と外食したから・・・

今朝は・・・まだ時間もたっぷりあるし・・・
和食に、しよう・・・
ご飯を炊いて・・・お味噌汁・・・
サラダに、玉子焼き・・・
そうそう・・・甘塩さけが、冷凍してあった。
それも、焼いて・・・並べた。

準備は、完了・・・。

悠介を起こしに、行こう・・・。

寝室に行くと・・・熟睡してる。
そろそろ、起きてもらわないと・・・

「悠介・・・起きて・・・朝だよ・・・」
寝起きは、良い方じゃなさそう・・・

「悠介・・・」
となりに、うつ伏せで、寝転んだ。

すると・・・目を開けた悠介が・・・
「おはよう」と私の背中に、ゴロンと乗っかって・・・

「悠介・・・重いよ・・・つぶれる・・・」

目をしっかり覚ました悠介が・・・
「あれ・・・もう着替えて・・・エプロンしてるの?」

「うん・・・きょうから、主婦だから・・・
とりあえずだけど・・・
朝ご飯、出来てるよ・・・起きて」

「えっ?もう出来てるの?」

「ほら・・・起きてよ・・・」

やっと起き上がった悠介が、キッチンに行くと・・・

「すごい・・・優華、作ったの・・・?」

「これくらい、普通でしょ・・・?」

「朝のお味噌汁の香り・・・最高だよ・・・」
朝から、しっかり食べてくれた。

更新日:2010-01-09 17:32:41