• 75 / 201 ページ

専業主婦


平日の・・・
こんな明るい時間に・・・
エプロンかけて・・・
掃除して、お洗濯して・・・
晩ご飯は、何にしようか・・・
なんて、考えて・・・
専業主婦も・・・
それはそれで、楽しいかも・・・

梅雨時だというのも、忘れそうな・・・
晴れた日・・・
ベランダに、並んだ洗濯物が・・・
風にゆれる・・・

そんな、なにげない午後・・・

自分のために、アイスティーを入れて・・・
グラスの氷を眺めてる・・・
なんて時間も、悪くない。

このまま、毎日・・・
この部屋で、悠介の帰りを待つ・・・
そういう生活も、あっていいんだって思える。

幸せって・・・人それぞれで・・・
これが、幸せなんだって・・・
決まった形なんてなくて・・・

どこで・・・何をしていても・・・
感じられるものなんだと思う。

今の私にとって・・・
悠介と一緒に居られることが、幸せ・・・

そういう私を私自身が、抱きしめてあげたいくらい・・・

仕事で、得られる幸せも、あるし・・・
仕事に、生きる人生も素晴らしいと思う。

でも・・・
幸せな家庭・・・
心配してくれる家族・・・
それは・・・
何より大切なもの。

望んでも、得られない事だってある・・・
手に入れても、壊れる事だって・・・

そんな儚さも・・・
知ってしまったから・・・。

更新日:2010-01-09 17:29:34