• 1 / 201 ページ

20年目の再会


夜の街を走る車の助手席に座っていた。

運転しているのは、悠介、中学時代の同級生。

卒業してから20年が経ち学年全員の同窓会が、きょうあった。
先生方も出席され、懐かしいたくさんの顔に、久々に再会した日だった。

悠介と会うのも卒業以来だったけど、なぜか、すぐに分かった。

「優華?ゆうか?だよな?」 私もすぐに分かったらしい・・・。

「お前、背伸びた?もっとチビだったと思ったけど・・・」

「卒業してから伸びましたから・・・」

「へぇ・・・女の子にしては、珍しいよな」

「もう女の子って歳じゃないけど・・・」

3時から始まって、5時過ぎには、それぞれクラス単位、部活単位、
仲良しグループ単位など、思い思いに分かれて、2次会。

悠介と私は、なんとなくクラス単位の2次会に流れていき。

たまたま家の方向が、同じ・・・というか通り道だったので
「送るよ」と言う悠介の車の助手席に乗っかってる。

「そういえば、彼女と話したの?テニス部のマドンナと」

「いや・・・話してない」

「なんで? 学校中公認の仲だったじゃない?」

「あの後、高校の時も付き合ってたけど・・・」

「なに? 悠介が、浮気でもしたの? 」

「いや・・・された・・・」

「えっ? 」

「大学生の今で言うイケメンに、持ってかれた・・・」

「へぇ・・・悠介君、失恋の巻だったんだ・・・可哀想」

「お前は?」

「私のなに?」

「旦那とは、上手くいってるのか?」

「う~ん・・・いわゆる別居中よ」

「なにか、あったのか?それこそ旦那の浮気とか?・・・図星か?」

「そんなとこかな・・・」

「ふ~ん・・・お前でも浮気されるんだ・・・」

「お前でもって、どういう意味?」

「お前は、知らないだろうけど・・・男子に人気あったんだぞ・・・」

「へっ?私が?・・・なにかの間違いでしょ?」とケラケラ笑った。

「俺、本当は、お前の事、好きだった・・・」

「冗談キツイよ・・・悠介君・・・」

「でも・・・お前、先輩と噂あったし・・・」

「あぁ・・・あれは、噂だけ・・・火もないのに煙だけたってた・・・」

更新日:2010-01-09 17:13:55