• 1 / 1 ページ

小説家に聞きたい

Aさん、Bさん、Cさん、
と同じコミュニテーで生活していてうまくやっているとします。
3人の知る、3人を知る、
作家さんが、書いた物語を読み、
それぞれ、私達のことではないかと、勘違いする。

物語の中では、
AさんはBさんの事を『本当は嫌いだと思っている』けれど、
うまくやっていると。
AさんとCさんは、そういう話しを二人でよくすると。

作家さんは、まったく、別の話で、別の人を想定して書いたつもり、
だったり、しても。いろいろ背景、人名、場所、年齢、違っていたとしても。

三人が勘違いすれば、いや、その中のBさんだけでも勘違いすれば、
現実のうまくやっている
Aさん、Bさん、Cさん、達の
人間関係にひびがはいるのではないか?

三人が、作家さんに、「俺達の事かい?」
と聞ける関係ならまだ、いいけれど、誰もがこころに秘めたままだとしたら。

という疑問。

『本当は嫌いだと思っている』程度ならまだいいけれど、
『○ッパをやっている』
『浮気をしてる』
など、いろいろ、他にも、しらなくてもいい事が、
見えてきたりしないだろうか?

私は、世に出るつもりはないから(出れないっす)
どうでもいいけれど、作家さんは、こういう問題どう処理しているのだろう?

凄く面白い体験をしたりする時もあります。
しかし、いつも思うのは、
『こんな事、書けねぇ〜』
だったりします。

偶然って意外と、あったりします。
まったく架空のつもりで書いても、作家を知っている人
昔の学友、昔の同僚。長く生きれば生きる程、
本人が忘れている人でも、有名になった作家さんを覚えています。
誰かが勘違いするともかぎりません。

そういう心配は、作家さんにはないのでしょうか?
こういう問題どう処理しているのだろう?

昔から、思っている疑問です。

更新日:2008-12-03 07:41:43

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook