• 27 / 43 ページ

絶対勝ちたい!

今日は、6月1日。この日は私の誕生日だった。

けど、この世界の人が私の誕生日を知ってるはずもないのだ。

意味がない。

本当言うと、祝ってほしい。が、ただでさえお金のない万事屋にお願いはできない。

私は、ソファーに倒れこんで目をつぶった。

もしみんなに祝ってもらえたらどんなにうれしいことやら。

と思った私はしばらくすると寝てしまった。

そんな寝ている私の近くに1つの影が揺らいだ。

「琴葉。まってろよ。今俺が最高の誕生日プレゼントやるからよ。」

と銀さんが琴葉のほっぺたへとキスをする。

そして、ひと束の少ないお金を持って新聞を持っていざ!


               競馬場へ!!!

更新日:2009-05-01 18:54:32

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook