• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 5 ページ

「Princess Charming」


「う、うう…むむ」
混濁する意識の中で、オレは目覚めようと必死にもがいていた。
だが、なぜか一向に瞼を開けることが出来ない。
四肢を動かそうとすれば針で突き刺すような痛みが走る。
どうやら瞼が開かないのは巻かれた包帯のせいだという事が
分かった。
それは触らずとも、頬の感触や締め付けられる感触で分かる。
とすると、ここは病院なのか?そういえば何やら薬品というか
消毒液らしき独特な匂いを感じる。

「目が覚めたかね?」
しっかりとした威厳のある男の声がすぐ目の前で聞こえる。
「あ…あううっ…オ、オレ…私は、なぜここに…」
ハスキーというには程遠い、しゃがれた酷い声だった。
年老いた老婆のような声だ。
喋ろうとすると、紙やすりで喉の奥を擦られるような痛みが走る。
「喉が渇いただろう。ほら水だ。飲みなさい」

背中に当てられた手によって、ゆっくりと上体を起こされる。
口元に急須の先端が当てられたのを感じ、それを口に含んだ。
ごくっ、ごくん
「何か、思い出したかね?」
 医者がさらに質問する。
 オレはなぜ、こんな所に…病院に寝ているのだろう?

 生まれてこのかた、殆ど医者の世話になったことはない。
 ましてや入院など。

 オレは自分の本当の親の記憶がない。
 両親はオレが生まれてすぐに道端に捨てた。
 孤児院に入れられたようだが、その記憶も無い。
 やがて里親に出された。
 子供のいなかった、その夫婦は初めはオレを大切に
してくれた。

 だがオレが小学校に入る頃、その夫婦に子供が誕生した。
 さらに1年後には2人目が誕生した。
 この頃になるとオレは、自分の居場所が無くなってきた事を痛烈に感じた。
 生涯の記憶が正確に刻み始めたのは、この辺りからだろう。

 だが今考えると、虐待も苛めも無かった事はラッキーだった。
 オレの生い立ちを知ったのは中学に入学する頃だ。
「実は、お前は私たちの子ではない」と告げられた。
 この事実を知ったオレは、一日も早く義務教育を終えたかった。
 
 中学を卒業して、この家を出る事がオレの早急の義務であり
目標であると思われた。
 だが当面は勉強の面でも、健康の面でもこの夫婦に
面倒はかけまいと誓った。
 勉強することは嫌いではなかったので、本心からいえば
進学を望みたいところだった。

そ してオレは予定通り中学を卒業し、家を出て
警備会社に就職した。
 こういった場は現場で働く人間にとって、あまり
学歴などを意識しないので気分的には楽だった。
 事実、いままで転職を考える事も無く、こつこつと
真面目に今日までやってこれたのだ。

 家を出て20年か…早いもので
独身のまま20年という年月が流れた…。
 その間、オレは育ててくれた夫婦とは一度も
連絡を取った事は無い。
 向こうも別に、それを望んではいないだろう。

 この年になると、さすがに「チーフ」とか「主任」
とか呼ばれたりする。
 だが学歴の無いオレはたぶん、このままずっと
現場にいることになるだろう。

「思い出せそうかね?君は人の命を救ったのだよ」
 黙り込んでいたオレにまた医者が声を掛けた。
「人の…命…ですか?そういえば…」
 喉を潤したせいか、先程より声が通る。
 痛みも消えた。
 ただし今度は裏声で喋っているような気色の悪い声だ。

 あの日…
 オレはいつも通り出勤して前もって命じられていた仕事に就いた。
 それは、某国より来日したお姫様の護衛という任務だった。
 沢山のSPや私服警官などに混じってオレたちのグループも
 窓から手を振る少女を乗せた黒塗りの車と同行した。

 ゆっくりと車が走る…窓を開けて街道の人たちに
満身で笑顔を振りまく。
 細かな所まで覚えてはいない。
 ただ、ビルの屋上に間違いなく見えた。
 あれは人影?同時に鈍く光る銃口も見えた。

 考えるより先に身体が動いていたと思う。
 オレはとっさに少女の前に立ちはだかる。
 同時に…大きな銃声を何度か聞いた。
 身体が背後の車に叩きつけられバウンドし、
 そして景色がゆっくりと斜めに倒れていく…
 大勢の人たちがもの凄い形相で大声を上げて
いるようだったがオレにはもう何も聞こえなかった。

更新日:2010-06-10 19:14:55