官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 7 / 7 ページ

第7章 ワレメちゃんの特技

晴れた日曜日、町の公園は子供たちの笑い声と楽しそうな騒ぎ声でにぎわっていました。満子と彼らも、公園で遊ぶために集まっていました。

満子:「みんな、今日はどんな遊びをしようか?」

子供1:「じゃあ、鬼ごっこしようよ!」

子供2:「それいいね!じゃあ、満子が鬼で…」

子供たちはワクワクしながら遊びの内容を決めていました。そのとき、ふと周囲に不思議な感覚が漂ってきました。

子供3:「ねえ、あれって何かな?」

子供4:「ん? 風が吹いてきたね」

その瞬間、子供たちが見た光景に、誰もが驚きと困惑の表情を浮かべました。満子のスカートの裾が風に吹かれて、何と下着は着けておらず、可愛らしいピンク色のワレメちゃんが見えました。
すると、そのワレメがパクパクと動き出しました。

ワレメちゃん:「こんにちは!私はワレメちゃん。みんな、よろしくね。」

子供たちは言葉に詰まり、言葉が出ないまま、驚きと戸惑いを隠せない様子でした。

子供5:(驚きながら)「ワ、ワレメ…が…喋った?」

子供たちは言葉に詰まり、言葉が出ないまま、驚きと戸惑いを隠せない様子でした。

ワレメちゃん:「うん、そうなの。アタシ、喋れるんだ。でも、驚かせちゃったかな?」

子供たちの驚きは、しばらくして笑顔に変わっていきました。不思議なことが起きていることを受け入れるにつれて、彼らの心には興奮と楽しさが広がっていきました。

子供6:(驚きと興奮を込めて)「すごいよ、ワレメちゃん!」

子供7:(笑顔で)「初めて見ることだから、ちょっとびっくりしちゃったけど、楽しいね!」

ワレメちゃん:(にっこりと)「ありがとう!アタシも喋れるようになって、みんなと楽しい時間を過ごすのが嬉しいんだ。」

満子:(感謝の気持ちを込めて)「ワレメちゃん、不思議だけど、すごく楽しいよ!」

子供たちがワレメちゃんと楽しいひとときを共有している最中、ワレメちゃんは突然面白い仕草を見せました。彼女は声を変えて次々とキャラクターになりきり、子供たちを笑わせる演技を披露し始めたのです。

ワレメちゃん:(声を変えて)「どうもー、アタシはワレメ界のスーパーアイドル ワレメちゃんだよ❤️」

子供たちはワレメちゃんのパフォーマンスに大笑いしました。ワレメちゃんは自分の特技を活かして、子供たちの笑いを引き出していました。

子供8:(笑いながら)「ワレメちゃん、めちゃくちゃ面白い!」

ワレメちゃんは、仕草や声色でショートコントを展開し、子供たちを楽しませました。彼女のおかげで公園は笑い声と歓声に包まれ、子供たちは新しい友情を深める一日を過ごすのでした。

更新日:2023-08-22 00:36:20

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook