官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 4 / 7 ページ

第4章 ワレメちゃんは消防車!?

町は一日中にわたって賑やかで、住民たちはにぎやかな日常を過ごしていました。しかし、突然の火災がオマーン国際町を襲い、人々はパニックに陥りました。炎はどんどん広がり、消防車も限界に近づいていました。

その時、ベンチで日光浴を楽しんでいた満子ちゃんの耳に、大きな轟音が響きました。驚いて振り返ると、ワレメちゃんが声を上げていました。

「こ、これは大変!マンマンちゃん、早く逃げて!」ワレメちゃんが言いながら、その場で尿をまき散らしました。

そして、突然、ワレメちゃんの中から大量の尿が噴き出し、まるで消防車の放水のような勢いで炎を制圧しようとする尿が炸裂しました。その様子はまるで神秘的な現象であり、満子ちゃんは目を見張り、信じられない光景を目の前にしていました。

尿のカーテンが炎を抑え込み、熱さを消し去っていく様子は、まるで奇跡そのものでした。満子ちゃんは驚きながらも、同時に感動も覚えました。自分のワレメがこんな不思議な能力を持っているなんて、信じがたいことではありましたが、同時にワレメちゃんの存在を誇りに思いました。

「すごい…ワレメちゃん、あなたって本当にすごいよ!」満子ちゃんが感動の声を漏らしました。

ワレメちゃんは答えました。「ありがとう、マンマンちゃん! 私、一度、消防車みたいになってみたかったの。」

ワレメちゃんが尿を噴き出す様子に驚いた満子ちゃんは、声を上げてしまいました。「キャッ!?」

ワレメちゃんは尿の勢いを抑えつつも、嬉しそうに言いました。「ねぇねぇ、マンマンちゃん!すごいでしょう?これがワレメのパワーだよ!」

ワレメちゃんは得意げに説明しました。「私、消火器のように尿を噴き出せるんだ。だから消防車みたいになっちゃうんだよ!」

満子ちゃんは思わず笑ってしまいました。「そんなに大量の尿を出せるなんて、すごい能力だね。」

ワレメちゃんは誇らしげに頷いて、「うんうん、でもすごく楽しいんだ。一緒に遊んでみない?」と誘いました。

満子ちゃんはちょっと戸惑いながらも、「まぁ、いいか。どんな風に遊ぶの?」と尋ねました。

ワレメちゃんは得意げに笑って、「消火訓練みたいに、私が尿を噴き出して、マンマンちゃんは、それを避けるの!それで水遊びみたいに楽しめるよ!」と提案しました。

満子ちゃんは考えてから、にっこりと笑って応じました。「確かに面白そうだね。じゃあ、やってみよう!」

2人は喜んで遊び始め、ワレメちゃんの特殊な能力を活かして楽しい時間を過ごしました。笑い声が草原に響き渡りました。

更新日:2023-08-17 00:38:51

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook