官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 3 / 7 ページ

第3章 ワレメちゃんの日光浴

穏やかな昼下がり、オマーン国際町の公園は静寂に包まれていました。芝生に座る満子ちゃんは、気持ちのいい風に吹かれながら、ワレメちゃんと過ごすひとときを楽しんでいました。ワレメちゃんも芝生の上に広がり、太陽の光を浴びていました。

「ワレメちゃん、日向ぼっこって本当に気持ちいいよね。」満子ちゃんが微笑んで言いました。

「うんうん、最高だよ!マンマンちゃん、ここでゴロゴロするの楽しいなー!」ワレメちゃんは元気な声で答えました。

満子ちゃんはワレメちゃんの愛らしい声に微笑み、ゆったりとした時間を楽しんでいました。

「ワレメちゃん、ちょっと待っててね。」満子ちゃんが立ち上がり、近くの自販機でジュースを手に入れて戻ってきました。

「おいしいジュース、ありがとう、マンマンちゃん!」ワレメちゃんが大きな喜びを感じました。

「ワレメちゃん、ジュース飲みながら日光浴、最高じゃない?」満子ちゃんが笑いながら言いました。

満子ちゃんはジュースの缶をビラビラに近づけ、ジュースの甘い香りを感じました。そして、ストローを大陰唇に差し込むとジュースをあっという間に飲み干しました。

ワレメちゃんは芝生の心地良い感触に嬉しくなりました。すると、日光を浴びたワレメちゃんは、また潮を大量に出してしまうのでした。

「やだ!ワレメちゃんたら、またマン汁を出して!」と満子ちゃんは笑いました。

「これは楽しくて、気持ちの良い証拠だよ。ドンドンと溢れちゃうね!」ワレメちゃんが言い返しました。2人は、また嬉しくなってしまいました。

「そうだよね、ワレメちゃん。貴女が楽しんでるのが伝わってくるよ。」満子ちゃんが笑いながら言いました。

「でもね、ワレメちゃん、これだけマン汁が出るのってちょっと大変じゃない?」満子ちゃんがやさしく尋ねました。

「うーん、大丈夫だよ!ワレメの特技だから。」ワレメちゃんが誇らしげに答えました。

「特技なんだね、それならすごいね。」満子ちゃんが微笑みました。

ワレメちゃんと満子ちゃんは、お互いの特性を受け入れ合いながら、楽しい時間を共有していました。公園の一角に幸せな光を運んでいました。

更新日:2023-08-17 00:37:48

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook