官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 1 / 7 ページ

第1章 ワレメが喋りだした!?

夕日が町を柔らかなオレンジ色に照らしていました。オマーン国際町は、穏やかな風景が広がる美しい場所で、街の中には静けさが漂っていました。

ある日、満子(まんこ)ちゃんは学校から帰宅し、自室に向かいました。彼女は机に腰を下ろし、教科書を開く前にほんのりとほっと一息つきます。しかし、その瞬間、彼女の耳に微かな声が聞こえてきました。その声は、何とも不思議な感触を満ちさせていました。

「ねえねえ、マンマンちゃん!」戸惑いながら、満子ちゃんは自分の股間を見つめます。その時、股間から再び声が聞こえました。

「ねえねえ、マンマンちゃん!ちゃんと聞こえてる?」声は明るく陽気で、まるで若い女の子がおしゃべりしているような口調でした。

驚きと戸惑いの中、満子ちゃんは耳を疑いながら、股間に向かって言葉を返します。「えっ、誰かいるの?」

「あたしよ、ワレメって呼んでね!マンマンちゃん、よろしくね!」ワレメちゃんの声は、まるで中学生のような明るさと元気さが込められていました。

「なんだ、ワレメちゃんって名前なの?」満子ちゃんは驚きつつも、ワレメちゃんの存在に興味津々です。

「そうそう、それじゃあマンマンちゃん、おしゃべりしようよ!ねえ、どんなことが好き?私はおしゃべりが大好きなの!」ワレメちゃんの声は、まるで楽しそうな子供のようで、明るさが空気を明るくしました。

満子ちゃんは戸惑いながらも、ワレメちゃんとの会話に興じていきます。不思議な出会いに心が踊り、新たな友情が始まるのでした。

「ねえねえ、マンマンちゃん、初めてお互いに声を交わす瞬間って、不思議だよね。」ワレメちゃんの声は、満子ちゃんの心に新しい興味を湧かせました。

「そうだね、こんな風におしゃべりできるとは思ってもみなかったよ。」満子ちゃんは驚きと楽しさが入り混じった声で答えます。

「でもでも、私たちの出会いはすごくユニークだし、おもしろいよね。こんな友達、他にいるかしら?」ワレメちゃんの声には楽しげなトーンが込められています。

「確かに、他にはいないかもしれないね。でも、だからこそ、ワレメちゃんと話すのが楽しいんだと思うよ。」満子ちゃんは真摯な気持ちで言います。

「それ、嬉しいなあ。私もマンマンちゃんとおしゃべりするの、すごく楽しいの。おしゃべり大好きだから、ずっと一緒にいたいな。」ワレメちゃんの声には、友情と楽しみが溢れています。

夕日の光が温かく町を包み込む中、満子ちゃんとワレメちゃんの会話は、初めての出会いを新たな視点で探求していきました。一緒に過ごす時間が、独特な友情の絆を深めていく瞬間でした。

更新日:2023-08-17 07:43:38

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook