• 6 / 19 ページ

ゆり拓ゆい〜思い出のお菓子〜その3

 このところずっと悪夢を見ている。
 でもそれは怪物に追われたり、事故に遭ったりというような、危険や恐怖を感じる悪夢ではなくて、もっとごく普通の、ありふれた日常のような夢だった。
 その夢の中で私は、住み慣れた自宅で、母と二人で暮らしていた。
 それなのに食卓には、四人分の食事がいつも用意されていた。
 それはお父さんと、妹の分。
 私はその二人が帰って来ないことを知っている。でもお母さんはそれを知らない。
 だから私は、お母さんと一緒に、食事に手を付けずにお父さんと妹が帰ってくるのを待っている。音のない部屋で、いつまでも……いつまでも……

 鉛のように重い空気と、お母さんの輝きを失った暗い目が私の心を苦しめる。
 息が苦しい。胸が痛い。泣きたいくらいに悲しい気持ちが溢れてくる。
 お母さん、もうやめましょうよ。お父さんは帰って来ないわ。妹が居ることだってお母さんは知らないはずでしょう?
 だって私は、お母さんに何も話していないもの。

 お父さんがどうなったのか、妹がなぜ存在していたのかも──

 ごめんなさい、お母さん、ごめんなさい、本当にごめんなさい。
 謝って済む問題じゃないけれど、それでも言わせて下さい。
 許してなんて言いませんから。恨んでくれても構いませんから。
 お願いです。これ以上私を苦しめないでください。

 もう、疲れました……

「うぅん……」

 冷たくて柔らかい感触で顔を撫でられ、私は夢から覚めた。
 私の顔から濡れタオルが離され、視界がぼんやりとしたオレンジ色に染まった。
 オレンジの光は、自室の常夜灯だった。その薄明かりの下で、一人の少女が私を心配そうな顔で覗き込んでいた。
 茶色の髪を肩下まで伸ばした、瞳の大きな可愛い女の子。
 あなたは誰? どうしてここに居るの?
 そう問いかけようとしたのに、私の口から出てきた言葉は、

「お母さん…」

 だった。
 私にそう呼びかけられて少女は顔を強張らせた。
 でも、

「うん、そうだよ。ゆり、大丈夫?」

 少女は強張らせた顔に無理やり笑顔を浮かべてそう問いかけてきた。
 ……ああ、そうか。私、寝不足が祟って熱を出してしまい、お母さんに心配かけてしまったんだ。

「うん……」

 大丈夫よ。母に対する申し訳なさからそう答えたかったけれど、それよりも側に居てくれた安心感と、甘えたい気持ちの方が勝った。

「……なんだか、怖い夢を見ていたみたい」
「そうなんだ。…どんな夢?」

 そう問い返されて、私は答えに詰まった。

「覚えてないわ。でも、とても寂しい気分が…今も続いてるの……」

 胸を締め付けるような切なさが波のように押し寄せてきて、思わず涙が零れ落ちた。
 お母さんは指で私その涙を優しく拭ってくれた。そのままゆっくりと頬をさする。
 温かくて柔らかな手のひらに包まれているうちに、胸の奥にあった寂しさが少しずつ和らいできた。

「お母さんの手……あったかい……」
「うん……」 

 その手の感触に身も心も預けていると、部屋のドアが控えめにノックされて、別の男の人の声が聞こえた。

「ゆい、お粥ができた。もう入って大丈夫か?」
「うん、良いよ。ゆりさ──ゆりも目が覚めたから」
「そうか」

 ドアを開けて、見知らぬ少年がお粥を載せたトレイを手に入ってきた。
 見知らぬ少年? 私は何を言っているのかしら。
 少年がドアのそばにある室内灯のスイッチに手を触れ、部屋を明るくした。

「お父さん…」

 そう、あれはお父さんよ。熱のせいでまだ頭がぼんやりしている。だから夢の気分がまだ抜け切らないんだわ。
 お父さんが優しい笑みを浮かべた。

「大丈夫か、ゆり。ほら、父さん特性の卵粥だ。食欲…あるか?」

 お父さんが作ってくれたの? 私のために?
 それが嬉しくて気持ちが弾んだ。

「うん、あるわ。食べたい」

 お父さんがニコニコしながらお粥をお椀に注いでくれた。
 お母さんが私の背中を支えて上体を起こしてくれる。
 お父さんがお椀を差し出してくれたから、私は口を開けた。
 そうしたらお父さん、ちょっと驚いた顔をした。
 そうね、私はもう子供じゃないわ。でも……あなたの子供で居たいの。ダメ?
 不安と懇願を心に抱えたまま口を開けて待っていると、お父さんはお粥を匙で掬って、息を吹きかけて冷ました後、私の口に運んでくれた。

「熱いから気をつけるんだぞ」

 そうね、きっと熱く感じるわ。だってあなたの吐息と想いが込められているもの。
 心の中でそんなことを呟きながら、私はお父さんのお粥を口に含んだ。

 美味しい……

 口の中に広がる塩味とほんのりとした卵の甘さが心地良かった。
 私の様子を見て、お母さんもお父さんもほっとしているようだった。

「……美味しいか?」
「うん」

 心からそう思いながら、私はまた口を開けた。

更新日:2023-05-09 11:45:06

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

ゆり拓ゆい(某掲示板への投稿SS)