官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 23 / 24 ページ

挿絵 800*534

「ふふ。おちんちん、美緒が硬くしてあげようか💕」
俊さんたら、また女モード入っちゃった。月1えっちの際は、躊躇いなく美緒になるね。男のくせに私におちんちん突っ込んで欲しくてたまらないのね。ホントに情けない男。
「硬ぁい❤ふふ。食べちゃうぞ💕ぱくっ」
美緒の物になった男性器を楽しそうに口に含んだ。

シンプルだけど女らしい小さな白のぱんつ…今日おろしたのかな。見たことないヤツ。くねらせたお尻の曲線に引っ掛かっててエロい。ふふ。何普通に穿いてんのよ男のくせに笑

てかコレ自分で買ってんだもんね笑。入れ替わって1年。下着もコスメも生理用品も当然自分で買ってる俊さん。逆に私はそーゆう一角行きにくくなった。下着買うときは、俊さんが嫌がるし離れるようにしてる。俊さんは女の日常を、私は男の日常を生きてる。

更新日:2023-09-06 18:27:16

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook