• 161 / 229 ページ

20.解呪

海賊船

フワフワ ドッスン

「アバズレ娘の飛行船はなかなか器用な事するな…」

「僕達の飛行船がが降りられる様にしてくれてるんじゃないかい?」

「まぁ…そうなんだろうがロープ切れたら飛んでっちまうぞ?」

「ハハそんなこと気にする子に見えないよ」

「アレに乗る時はどうするつもりな訳よ?」

「ロープを伝って行くしか無いよね」

「落ちたら海だぜ?」

「それも考えて無いんじゃないかい?あの子は…」

「ヌハハさすが海賊王の娘だな」

「僕はその心臓がうらやましいよ」




甲板

そこでは女海賊が勇者に噛みついていた


「あんたさぁ…こっちは心配してたんだよ!?」

「いや…ええと…」

「行くなら行くって言ってくれないとわたしも面子ってもんがあんだよ」

「君は…僕の事を知っているの…かな?」

「ちょ…あんた又記憶無くなっちゃってんの?」

「又?…ごめん覚えて居無いんだ」

「あんたさぁ!!私との約束も忘れちゃってる訳?」

「まぁまぁ…女海賊さんおちついて~」…僧侶が間に入る

「あんたもあんたよ!!みんなしてイチャ付いて!!」

「よう!何揉めてんだ!?口うるさい女に絡まれてるのか?」

「カチン!!!盗賊も女盗賊と出来ちゃってるワケ?」

「ヌハハお前には関係無ぇだろ!ガキは黙ってろ」

「ムッカ!!」

「女海賊!お前は私が鍛えてやる」…囚人が割入る

「わたしはそんな暇無いの!」

「良いからこっちに来い」

「ちょちょ…何すんのさ!!腕引っ張んないで!!」

「今から飛行船の改造だ」

「はぁ?またわたしに力仕事させようってんの?」

「お前の経験が必要だ」

「わたしは忙しいの!あんた一人でやって!!」

「黙って付いて来い」

「ちょちょ!引っ張んないでって!!もう!!離してよ!!」




居室

「早速だけどちょっとやりたい事があるんだ…出来るだけ急ぎたい」

「明日の朝に命の泉に向かいたい」

「命の源に突き刺さってる魔槍を抜きたいんだ」

「確証は持てないんだけど勇者なら魔槍を抜けるかもしれない」

「あの魔槍を抜かない限りこの世界は呪いから解放されない」

「剣士、レンジャー、戦士はこれからどうしたい?」


「俺は任務があるから始まりの国へ戻らなくてはならない」

「剣士とレンジャーは?」

「僕は…」

「俺は決めた!女海賊に惚れた!…なぁ剣士も行くよな?」

「う~ん…構わないけど…前後関係が良く分からなくて」

「それは追々分かって来るよ」

「この海賊船はどこに向かってるんだ?」

「中立の国方面さ…途中で下船して始まりの国行きの民間船に乗れば戻れるよ」

「そうか…俺は戻って隊長に報告を…」

「そうだ!!隊長に返事をしておいて貰いたい…『例の件は了解した』ってね」

「わかった…お前達の事はどう話せば良い?」

「すべて隊長に話してから指示を貰って欲しい…良いね?」

「お前達は一体何者なんだ?」

「世界を救おうとする者達だよ…君の上官も同じさ…その下に居る君も同じ筈」

「敵では無いんだな?」

「そう信じてる」


翌朝

「俺らの飛行船には騎士、僧侶、勇者、魔女、商人、薬剤師が乗ってくれ」

「ほんで女海賊の飛行船には剣士、レンジャー、囚人、女盗賊…それから荷物を多めに積んで欲しい」

「夜は魔女の照明魔法を目印にして付いて来い」

「じゃぁ行くぞ!!」


一行は急ぎで命の泉へ戻る事となった

…と言うのも女海賊が勇者に対して騒ぎ立ててまともに話が出来ないから

勇者と女海賊を一旦引き離す目的もあった


「うお!上昇が早いな」

「女海賊の研究の成果だよ…縦帆2つだけで良いらしいよ」

「そりゃ楽になるな」

「球皮の後端にも羽を付けてるんだ…なぜか速度が増すらしい」

「あのアバズレ見かけによらずしっかり研究してるんだな」

「いや…けっこう賢いよ」

「ん~む目は悪くねぇのにわざわざ眼帯してる奴がか?」

「ハハあの眼帯には秘密があるんだってさ」

「なぬ!?」

「小さい穴が開いてて遠くが見えやすくなるらしい」

「マジか…」

「賢いだろう?」


更新日:2023-03-27 20:29:08

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook