• 143 / 229 ページ

18.黒騎士

夢か現実か…


「回復魔法!回復魔法!回復魔法!」

「おいおい…もう十分やろう…」

「回復魔法!回復魔法!回復魔法!」

「まぁしゃぁないなぁ…わいの義手と義足使ったらええ」

「回復魔法!回復魔法!回復魔法!」

「失った手足はもう生えて来んがそれほど不自由はせんで?」

「回復魔法!回復魔法!回復魔法!」

「それより心の方やな…生きる事を拒否しとるかもしれんわ」

「回復魔法!回復魔法!回復魔法!」

「おまんなんやそれ…鎖で繋いどるんか?」

「回復魔法!回復魔法!回復魔法!」

「がはは…もう置いて行かれんようにしとるんか?」

「回復魔法!回復魔法!回復魔法!」

「わいから言わすと置いて行ったのはどっちや?って話やな」


---わたしを置いていかないで---

---君だったのか---


「お!?指が動いたで?」

「え?え?え?…」僧侶は騎士の眼を強制的に開いてみた

「ううん…」

「お願い…目を覚まして…」

「無理やり目を開けんでもえーがな…」

「がが…お…置いていって…ごめんよ」

「うお!!なんちゅう目覚めの言葉や!!」

「ぶわぁぁぁぁぁん…」僧侶は顔をしわくちゃにして騎士に抱き付いた

「目ぇ覚ましよった…えらいこっちゃ…えらいこっちゃ」


夢なのか現実なのか分からない…

記憶がおぼろで今がどんな状態なのか分からないままもう一度眼を瞑った


「だめぇぇぇ…うえっ…うえっ…」


僧侶は無理矢理僕の眼を開ける

どうやら寝てはいけない様だ

僕は頭を整理しながら考えた

今はいつなのか…どこなのか…どの時点なのか…




翌日

僧侶はひと時も僕から離れなかった

そして僕の体の欠損した部分を触り涙を流していた


「もうすぐ商人達が海賊船まで来る筈や…」

「シクシク」

「なんやまだ泣いとるんか?」

「騎士の手と足が無いの…」

「わいの義手と義足があるがな…今持ってくるわ」


自分の体の異変は随分前から気付いて居た

左手と右足はその時から腐り動か無くなって居たから…


「僧侶…も…う大丈夫…だよ」

「ごめんね…助けるの遅くなっちゃったよぅ…うわーん」

「ほれ!!この義手と義足を使ってみぃ!!」


海賊王は金属で出来た上等なそれを持って僕に装着させようとする


「こうやってはめるんや…」

「立て…るの…か?」

「立ってみぃ!!慣れれば普通に走れるで?」

「んむむ…」…体を起こし膝を付く

「騎士?手を繋いであげる…」…小さな手が僕を支える


感覚の無い右足に体重を乗せて義足の具合を確認してみた

ぎこちないが歩くことは出来る様だ


「その義足は風の魔石が付いとるけー慣れれば今までより早く動けるで?」

「義手の…方は?」

「力の魔石が付いとる!!おっ!!そうや!!巨人用の武器を海で引き上げたんやった」

「巨人?」

「お~い!!お前らぁ~巨人の武器を引きずって来い~~!!」

「へい!!お頭ぁ!!」

「2メートル越えの馬鹿でかい両手剣や…わいは使えんかったがおまんなら使えるか思うてな」

「持ってきやしたぜぇ…はぁはぁ」


それは剣と言うより鉄塊と言った方が正しい


「持ってみぃ!!」


普通なら持てる訳無いと思う…でも僕はこれぐらいの大剣を振るう夢を見た事がある

だから手を伸ばし持ち上げて見た


「うお!!!た、たまげた…片手で持ちよるんか!!」

「頭ぁ!!娘さんの飛行船が戻って来やしたぜ!!」

「がはは…予定通りやな…商人達が乗っとる筈やからちっとは賑やかになるわ!」

「ほれ僧侶!!いつまでも落ち込んどったらアカンで?」



その飛行船は器用にも船尾楼の端に着地した

中からケバケバしい装備を身に着けた女が降りて来る

彼女が海賊王の娘だと直ぐに分かった



「はろはろ~アレ?僧侶元気無いねぇ~…隣に居るのがあんたの探してた人ね?」


続いて盗賊と商人が飛び出して来る


「騎士!!!無事か!!?」

「なん…とか…ゲホッゲホッ」

「喉がやられてるのか…」

「やぁ!!良かった…心配して居たんだよ」

「それにしても大変だったな」

「ハハ僧侶は大分目が腫れてるね」

「そら無理も無ぇだろ!」

「皆と…少し話…がした…い」

「そうだね…ご馳走でも食べながら話そう!…体は大丈夫そうかな?」

「うお!!おいおい…お前手と足はどうした?」

「手と足はもう壊死しとったから切り取ったわ…放っておくと広がるけな」

「何ぃ!!切り取ったって…おいマジか!!」

「わいの義手と義足があるけぇ不自由はせん筈や」

「ん~む…良いのか悪いのか…」

「僧侶は大分落ち込んどるがな~」

「まぁまず美味しいご馳走でも食べよう」


更新日:2023-03-27 08:13:58

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook