• 10 / 26 ページ

完成されない美しさ()

・エレベーターガール(?)

男「まったくあの部長はやんなっちゃうなぁ」

ポチ

ガール「いらっしゃいませ」
男「うおぉッ!?びっくりした!なんだアンタは!」

ガール「エレベーターガールでございます。何階へ行きますか?」
男「今時珍しい……って別にいいよ。自分でボタンを押すよ」

ガール「ダメです。仕事を取らないでください。何階ですか?」
男「何言ってんだコイツは……じゃあ4階のオレの部屋だ。早くしてくれ」

ガール「いやです」
男「なんでだ!」

ガール「初めて利用する場合は月額で申し込んでください。ちなみに税込価格で500円ちょうどになります。なお、スーパープレミアム会員になっていただけますと、なんとエレベーター昇降時になごやかなBGMがかかります。いかがなさいますか?なお、スキップする場合は毎日確認いたしますので、その都度ダイアログボックスをタッチしてください」



・青いがいい

おっさん「くうっ!このリンゴすっぱいなぁ!」

娘「当たり前でしょ。まだ青いじゃない」

おっさん「知ってるよ。だから食べたんだ」

娘「あたしは?」

おっさん「知ってるよ。だから食べたんだ」



・それでいい。それがいい。

子供「ねぇ、僕の足。治らないのかな……」

父「たぶん一生かかっても無理かもしれない。でも、たとえお前の足が使えなかったとしても、お父さんがお前の足の代わりになってやるからな」
母「ほら見て。あなたを応援するためにたくさんの人がネットでコメントを投稿しているわ。だから諦めないで頑張るのよ」

医者「あのぉ……息子さんの足、普通に治りますけど……?」

父「あーあー聞こえない聞こえない。あー息子かわいそー、おれもかわいそー、なんてひげきなんだー」
母「なんてことを言うんですか!このネットの人たちを裏切ってもいいんですか!?現代は感動に飢えてるんです!あなたは人の心がないのですか!」



・バカ

????「ネット民のアホがーABやめろーメンタリストチンコ野郎がさぁー環境問題はセクシーにー」

男「なんだアイツは」
女「白石士郎って言うのよ。薬いらずのキチガイよ」



・物は いいよう たとえよう

男「なんだこの料理は!ふざけているのか!」
女「何を言ってるんですか。ちゃんと見てください」

男「魚の死骸じゃないか!」
女「刺身です」

男「豚の死骸が焦げてる!」
女「生姜焼きです」

男「そして米粒か!」
女「蛆虫です」



・犬も歩けば

男「キミ。犬も歩けば棒に当たるという言葉を知ってるね」
男「ううっ、早く抜いてください!」



・超高機能な家

大工「へい、できやした。あなたがたのお家ですよ」

男「……これが超がつくほどの高機能な家か?」
女「まったくどこも普通に見えますけど?」

大工「へぇ。寝室と洗面所と台所とリビングとトイレと風呂を一緒にしておきやした」



・コスパがいい

青年1「ぼくは効率よく生活しているよ」
青年2「オレだってそうだ。コスパがいい方を選んでるからな」

青年1「何を言ってるんだキミは。僕なんてスーパーの売れ残った弁当を食べてるからお金がかからないんだぜ」
青年2「そんなこと言ったら、オレなんていつも海外産のクズ肉ばっかり食ってるからコスパいいぜ。茹でてないから、オレの方が効率よく生活できてるよ」

医者「で、キミたちはお腹を下したわけか。どういう職業やってるのかツッコまないけど、もうちょっとマシな仕事に就いたらどうだい」



・失礼しちゃう

女子高生「あたし、ピル飲んでるのよ」
男子高生「うわ、なんて淫乱な女なんだ!」

女子高生「ピルってお薬の意味だし。べつにあたし、いやらしくないし」
友達「年頃の男子の前でピルなんて言っちゃダメだよ~」

女子高生「まだ50人としかヤッってないし」
友達「……」



・欠陥品も出るさ

神様「ん~鼻ほじほじ~」
天使「か、かみさま大変です!人間たちが……!」

神様「まーた下界の人間の話かい。あのサルどもは知能があるゆえにしょうもないことばっかりする。つまらん虐殺や戦争はコリゴリじゃぞ」
天使「それが……つ、ついに滅びました……」

神様「滅んだじゃと!?バカな!」
天使「ごめんなさい。僕がいけなかったんです」

神様「お前は何をしでかしたんじゃ!」

天使「とある女を救ってあげようとしたのですが……男はなぜか男しか愛さなくなり、女が妊娠するのは暴力の一種として遠ざけていたところ……ごめんなさい!」

神様「そいつは本当に人間か?」



・AIはおそろしいねェ~

先生「現代ではAIが発展し、やがて人の手はいらなくなっていくでしょう」
芸人「はえ~。でも、ボクみたいな芸人のボケはできないでしょうねぇ」

先生「そうでしょうか」
芸人「なんでそう言うんです」

先生「申し遅れました。実は私、ロボットなんです」
芸人「そうでしたか。実はボクも……」

更新日:2022-12-20 21:30:17

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook