• 6 / 14 ページ

坂本龍馬

挿絵 640*427

幕末の志士で、有名な坂本龍馬は志し半ばで若くして暗殺された。

土佐藩の郷士の家に生まれ、脱藩して志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(のちの海援隊)を結成した。勝海舟がする塾の塾頭となり、薩長同盟の成立に協力するなど、倒幕および明治維新に関与したが、大政奉還成立の1か月後に中岡慎太郎と共に暗殺された。

大政奉還は坂本龍馬らの進言により、土佐藩主の山内容堂から徳川幕府に出された建白書を受け入れたものであった。
過激な武力討幕ではなく、穏健な大政奉還に導いたのは坂本龍馬らの大きな功績であった。

大政奉還の1か月後に暗殺された坂本龍馬は、倒幕を実現するために天から遣わされたような生涯であった。

更新日:2022-09-08 11:12:38

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook