官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 6 / 23 ページ

性交温泉のショー

その広間は、大きくて宴会場ように舞台があった。
その広間の真ん中に、今夜の客二人分のお膳が舞台に向かって置かれ用意されていた。
座椅子があり男二人は、並んで座り仲居が一人ずつ傍に付いた。

石原さとみ似のタラコ唇が色っぽい仲居と、黒木メイサ似のエキゾチックな目をしたハーフの仲居がそれぞれ客に付く。

「いらっしゃいませ。お酒をどうぞ」

仲居は客の隣に座りお猪口に酒を注いだ。
仲居の着ている長襦袢の裾が割れ、白い太ももが露わになっている。
その太ももに男は、手を伸ばして撫でさすりながら注がれた酒を飲む。

「あん・・エッチな手・・んふふふ・・」

「ふふ、こうしたら気持ちいいだろ?」

そう言って男は、仲居の太ももを撫でていた手を股間へと割り入れた。

「ああぁぁぁん・・ダメぇ~・・」

長襦袢の下は、何も身に着けていないから股間へ入れた手が、直接肉の割れ目に触れる。


その時、広間の明かりが消えた。

「ショーが始まりますよ」

仲居が耳元で囁いた。
舞台に照明が点くとそこには、小学生ぐらいの女の子が二人いた。
しかも裸だ。

「え!?小学生!?」

小学生の女児二人が、裸で座り客に向かって両足を開くと、手にしている大人のオモチャのディルドをマ〇コに入れた。

「はあぁぁぁぁッ・・ああぁぁん」

「ああぁん・・おっきい~・・」

女児の可愛い喘ぎ声が、広間に小さめに流れるクラブ風な音楽に混ざり音楽に合わせ、腰を小学生とは思えないぐらいの動きをさせて見せる。

「ま、マジで小学生?」

「はい。小学5年生の双子ですよ」

仲居はそう言って教えながら、客の浴衣の裾を割って勃起するチンポに手を伸ばし擦った。

「はあ・・ずいぶん慣れた手つきだな・・はあ・・」

「そりゃあそうですよ・・女将が産んで小さい頃からセックスを仕込んだ双子ですから・・」

「女将の子なの?双子が?」

「ええ・・」

客の二人は、驚きながらもすでに勃起させて女児の淫らな姿に魅せられる。
小学生の女児マ〇コが、ディルドでグチョグチョにかき回されるのが丸見えで、堪らなく興奮する二人。

「ああぁっ・・ああぁんきもちいい~・・ああぁぁ」

「はあぁん・・ああぁんオマ〇コきもちいいよ~・・あっダメぇ~」

女将に似て可愛くて、大人になったら美人になるであろう女の子が、大人のオモチャで喘ぎまくる。

その時舞台の袖から、大人の男二人が素っ裸で現れた。
しかも勃起したチンポを、堂々と見せつけながら女児に近づいていく。

「はあぁぁ・・おちんぽ・・おちんぽほしい~・・」

「はあ・・おちんぽちょうだい・・」

男二人は、オモチャで喘ぐ女児の口に勃起したチンポを差しだした。
女児はそれをパクっと小さな口に入れて、ジュプジュプとしゃぶる。
女児が大人の男のチンポを、美味しそうにしゃぶる姿を見つめる客二人のチンポを、仲居が口に入れてジュプジュプ、ジュルジュルとフェラをしてあげる。
客は酒を飲みながらフェラの快感と、舞台で見せられるショーを楽しんだ。

「はあ・・すげえ・・ああぁ堪んねえ・・ううぅ・・ああぁ気持ちいいよ・・ああぁ」

「ううぅ・・ああぁいいぞ・・はあ・・ああ気持ちいい・・」

男たちも仲居のフェラで呻く。
舞台では女児が、男のチンポをフェラして舞台の下では、仲居が客のチンポをフェラする。

「ああぁっ・・出るっ・・ううぅぅおおッ!!!」

「イクっイクっ・・ううぅぅっんんっ!!!」

舞台の女児にフェラされる男が、女児の口の中に射精した。
もう一人の男は、女児の口からチンポを引き抜き女児の顔をめがけて顔射した。

「はあぁぁ・・ああぁぁ・・」

「ああぁぁぁ・・はあぁいっぱ~い・・ああぁぁイッちゃう~・・ああぁぁぁーー!!!」

「ああぁぁぁ~イク~・・ああぁぁぁ~!!!」

女児も大人のオモチャを、激しくマ〇コの中で動かしアクメに達して小さな身体を震わせる。

「はあ・・ああぁすげえ・・子供が顔射されて笑ってる・・ううぅ」

「んん・・お客様のオチンポください・・お願い・・」

「・・どこに欲しいんだ?」

「ああぁんオマ〇コ・・お客様のオチンポオマ〇コに挿れて欲しい~・・」

「自分で挿れてみな・・ほら」

客の男から言われて、石原さとみ似の仲居は長襦袢の裾を捲り上げ座椅子に座った客の脚を跨ぎ、チンポを掴むと自らマ〇コにヌプッと挿れて腰を下げていった。

「はあぁぁ・・ああぁぁぁ~・・」

隣りのもう一人の客の所では、黒木メイサ似の仲居は客の首に手を回し抱きつきながら身体を上下に揺らしている。

「あっあっあっスゴイっ・・あっお客様のオチンポ・・ああぁぁおっきくて・・はあ・・子宮に当たっちゃう~・・ああぁぁ」

「ううぅぅああぁすげえ・・キツイ・・堪んないよ・・ううぅ」

石原さとみ似の仲居も、お膳をどかして客の前で四つん這いになって客のチンポを受け入れている。

更新日:2022-08-03 09:54:23

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook