官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 2 / 23 ページ

風呂女

仲居は長襦袢を整え、お客さまを露天風呂へと案内する。

「露天風呂には、お客さまのお身体を洗って差し上げる風呂女もいるので、よろしかったらご利用くださいませ」

「風呂女?」

「ソープ嬢みたいな女?」

「はい。似たようなものですが、もちろん性交も出来ますので」

「そりゃいいなぁ」



そして露天風呂に入ると、純和風の立派な露天風呂で淡い濁り湯の温泉だった。
身体を温泉を汲み洗い流すと、入り口から腰に薄い布一枚を巻いただけの美人な女二人が入ってきた。

「いらっしゃいませ」

一人は佐々木希似の、ハーフっぽい女。
もう一人は松下奈緒似の和風な黒髪の女。
どちらも堪らないプロポーションだった。
胸もE~Fカップぐらいで、色白の肌で乳首も綺麗なピンク色だ。
風呂女二人の身体を見ただけで、客の二人もすぐに勃起する。

「お体お洗いしてもよろしいですか?」

「ああ、頼むよ」

一人に風呂女が一人付き、スケベ椅子に座った客に近づく。
桶の中に泡を作り、それを客の身体に手のひらで撫でながら泡で洗っていく。

「どうですか?気持ちいいですか?」

泡が背中から胸へと手のひらで撫でつけられ、滑るオンナの柔らかい手のひらが乳首に当たる。

「あっ・・ああ・・いいよ・・」

そして風呂女の柔らかい胸が背中に当たり、泡で滑らせながら男の身体を手のひらだ撫でまわし洗う。
女の乳首が固くしこってるのを背中で感じた。

「あんたも気持ちいいんじゃね?」

「んん・・はい・・おっぱい気持ちいいです・・」

風呂女の右手が、後ろから股間へと伸び男のチンポを洗うように擦り、左手をスケベ椅子の真ん中に開いた所に入れ、玉嚢を手の中で転がした。

「あっううぅぅ・・いいよ・・すげえ気持ちいい・・あぁ・・」

「ああぁオレもすげえ堪んねえ・・この子のテクニックすげえよ」

「んふふ・・ありがとうございます・・はぁ・・あぁお客様のオチンポ大きい・・」

「ふふふ・・このチンポで鳴きたいか?」

「ああん・・そんなこと言われたら・・私のオマ〇コ濡れちゃう」

「グチョグチョになってんのか?ほら、オレの指マ〇コに入れてみな」


そう男が言うと、男は後ろにいる風呂女の方へ手をやった。
松下奈緒似の風呂女は、男の隣に来て男の手を掴むと男の長い指を股間の割れ目に触れさせる。

「どうですか?・・ああぁん・・・ダメぇ~そこは・・ああぁん」

男は指先で風呂女のクリトリスをこねた。
風呂女は、露天風呂で甘い喘ぎ声を上げる。
ダメと言いながらも、風呂女は腰を自ら男の指の動きに合わせ揺らした。

「ほら、オレのチンポも擦ってやらないと可哀そうだろ?」

そう言われ風呂女は、男のチンポに手を伸ばし擦り、客は風呂女のクリトリスを弄りまくる。

「ああぁぁんイッちゃう~・・あぁぁお客様のオチンポ挿れて・・グチョグチョにしてください・・」

松下奈緒似の風呂女が、客に自らねだりその男にキスをした。
男も堪らず、風呂女とキスしながら立ち上がり露天風呂の中へ。
泡まみれの身体のまま、ザブンっと入った。

佐々木希似の風呂女は、スケベ椅子に座って泡まみれの男の客の太ももに跨って座り、互いの身体を泡で撫でまわしながらキスをする。
男のチンポを風呂女が擦り、風呂女のマ〇コを男の客が指を入れてマ〇コの中をグチョグチョとかき回した。

「ああぁぁぁん・・はあぁ気持ちいい~・・ああぁお客様の指でイッちゃう~・・」

「はぁ・・はぁ・・チンポ欲しくないのかこのマ〇コに・・?」

「ああぁっ欲しい~・・お客様の立派なオチンポ挿れて~・・」

可愛い風呂女からねだられ男は、風呂女を抱きながら露天風呂に入る。
先にもう一人の男と、露天風呂に入っていた松下奈緒似の風呂女は、露天風呂のある大きな岩に両手を付き、立ちバックで男に犯されていた。
真っ白な肌が、夕日に照らされながら男から犯され喘ぐ姿は、艶めかしい。
佐々木希似の風呂女を、露天風呂の縁に座らせ両足を広げさせた。
この温泉宿の仲居や風呂女も、下の毛を生やしていない。
ツルまんだから、両脚を開いただけでマ〇コの割れ目の中が丸見えで、綺麗な濃いピンク色をしている。

「はぁ・・欲しいのか?オレのチンポ?」

「欲しいです・・早く私のオマ〇コにお客様のオチンポ挿れてください・・」

風呂女が自ら両脚を持ち、開くと股間を見せた。

「いいぞ・・」

男は風呂女の両足の間に腰を入れると、ギンギンに勃起したチンポの亀頭をピンク色の肉ビラの隙間に入れ腰を進めた。

「うっああぁ・・」

「あっはああぁぁぁ・・ああぁんスゴイおっきい~・・」

佐々木希似の風呂女は、仰け反り声を上げる。


露天風呂の中では、風呂女二人の喘ぎ声が響き渡ってかけ流しの湯が流れる音と混ざり合う。
湯気が立つ中で男女の二組が、性交を楽しむ。
これが性交温泉の醍醐味だ。



更新日:2022-08-03 10:03:10

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook