官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 19 / 23 ページ

チェックアウト前にもう一発女児と

どうやら美裸ちゃんは、裸裸ちゃんよりもセックスが好きそうなタイプだと男たちは思った。
女将と他の娘たちが、部屋を出ていくと美裸はすぐに浴衣を脱ぎ始める。

「ははは、美裸ちゃんはセックス好きなの?」

「うん。大好き。だってきもちいいんだもん」

「そうだよなぁ、気持ちいいもんな。オレたちもセックス大好きだよ。じゃあ、気持ちいいの大好きな美裸ちゃんをたくさん気持ちよくしてあげるよ・・」

「まずは気持ちよくしてあげるチンポを硬くしてくれるかな?カチカチに硬くならないと、美裸ちゃんのオマ〇コに挿れられないからね」

男たちは浴衣を脱ぎ捨て全裸になり、半勃ちチンポを身裸ちゃんに見せる。
小学5年生の女児に、堂々とチンポを見せることができるだけで男たちは、興奮し欲情した。
さっきは玉嚢がからっぽなんて言っていたが、すでに射精がしたくて玉嚢に精子が増産されて行くのを感じる。
美裸は、客二人のチンポを両手に持つとチンポを交互に舐めまわし始めた。
舌を出してベロベロと舐めまわし、亀頭を小さな口に挿れてちゅぱちゅぱとしゃぶる。

「ああぁっ・・気持ちいい・・」

「ううぅ・・昨日の女将のフェラと同じくらい美裸ちゃんのフェラ上手だよ・・あぁぁ」

「んん~・・んっんっ・・」

チンポをしゃぶりながら、頭を前後に揺らしジュルジュルと音を立てる。
小さな口から大人のチンポが、ヨダレまみれで抜き差しされる光景が堪らなくエロい。
小学生の女児が、美味そうにチンポにむしゃぶりついてる姿は圧巻だ。
まだ小さな口の冴えでチンポが、全部口の中には入らない分、根元は小さな手で擦られる。
女将である母親に教えられたのであろう。

「あぁぁ・・小学生なのにフェラすげえ上手だな・・」

「はあ・・ああ、めちゃくちゃ気持ちいい・・」

「んんんっ・・はあ・・おちんちんほしい~・・んん~・・」

美裸はそう言って舌先を唇から出して、客二人のチンポの亀頭をくっつけるとチンポの先端をチロチロと舐め、尿道口に舌先を入れクニュクニュと動かし舐める。

「あっああぁ・・ヤバい・・イキそうっ・・ああぁぁ」

男二人のチンポに亀頭同士が、美裸の手でヌルヌルと擦りつけられ亀頭から尿道口を舌で、交互に舐められ男たちは小学生の女児のテクニックに翻弄された。

「ああぁぁすげぇ・・ううぅぅ・・」

「はあ・・美裸にミルクかけて・・美裸顔にミルクかけられるの好きなの・・」

「あははは、マジで淫乱な子供だなあ・・堪んない・・うぅぅオレも出すよ・・美裸ちゃんの顔にたくさん出してあげるよ・・うぅぅ」

「はあ・・出るっ・・あぁぁ美裸ちゃんの顔にぶっかけるよっ・・」

男二人が、そう言うと美裸は客のチンポを両手で握りしめ上下に擦り、亀頭をジュプジュプと交互にしゃぶりつく。

「ああ、イクっ・・イクっ・・あっあっあっ・・ううぅぅ!!!」

「ううぅぅ・・あぁオレも・・イクっ・・ううぅおおぉぉっ!!!」

男二人は、美裸のフェラチオで白濁の精液を射精する。
射精寸前に美裸は、チンポを口から出してチンポを両手に握る手の動きを速くすると、二本のチンポの亀頭からドピュドピュと精液が、飛び散り可愛い女児の幼い顔を汚した。

「はあ・・すげえ・・気持ちよかったよ美裸ちゃん・・」

「ああ、めちゃくちゃ気持ちよかった・・」

美裸は、両手に持つ射精したばかりのチンポの亀頭を、舌でペロペロと舐めまわす。

「ありがとうございます」

精液で顔を汚したままの美裸は、笑顔を浮かべてチンポを離し指で顔に付着した精液を撮り口に入れて舐めとる。

「よし、今度はオレたちが美裸ちゃんを気持ちよくしてあげるよ」

男は、美裸の小さなぷっくりした唇にキスをした。
美裸は、客からのキスにうっとりとして唇の中へと入ってきた舌に自分の舌を絡める。

「んっ・・美裸ちゃんはキスも上手だね・・」

そう男が言うと、次はもう一人の客の男が美裸にキスをした。

「んん~・・んっ・・はぁ・・んんっ・・」

「んっ・・はぁ・・本当だ・・キスも上手だな・・」

「んっんっ・・ふぁ~・・美裸キス好き・・キスされただけで美裸のオマ〇コぬれちゃうの・・」

「イヤラシイ子だね美裸ちゃんは・・じゃあ濡れちゃっているかお兄さんが確かめてあげるよ」

男はニヤリとイヤラシイ顔をして美裸を、座布団を並べた所に寝かせて、細くて短い女児の両脚を開いた。

その間には、、桃のような割れ目が膨らんでいる。
確かにヌラヌラとした透明な蜜が、小さな割れ目を濡らして窓から射し込む日差しで光り輝いていた。
幼い桃マ〇コの割れ目を、指で開くとピンク色の粘膜がヒクヒクと震え、その上の包皮から見える赤いルビーのようなクリトリスが見える。
割れ目を広げられ客からマ〇コを見られている間も、もう一人の客からキスをされて美裸は、キスに夢中になった。

更新日:2022-08-11 23:44:16

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook