官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 15 / 23 ページ

二本挿し

「では、頂戴いたします」

女将は、客の再び勃起し始めたチンポの亀頭を合わせ、舌をべろっと出し二つの亀頭をベロベロと舐めまわし始める。

「はぁぁ~・・ああぁん・・んん~・・はぁ・・とってもおいしいです・・んんっ・・んっ・・んくっ・・」

女将は、チンポを握りしめ上下に手で擦りながら亀頭を舐る。

今まで来た客とは違い、本当に絶倫な男たち。
うちの仲居たちを悦ばせ、娘二人までも虜にした二人。
また来てもらうためにも、二人を悦ばせなくてはと女将は、使命感で二人のチンポを舐りまわした。

「ううぅぅ・・ああぁ・・気持ちいいよ・・女将・・はあ・・」

「あぁっ・・ううぅっ・・やっぱり女将の舌使い巧いなぁ・・」

「んん~・・ありがとうございます・・んん・・チュッチュッ・・」

女将は、フェラチオのテクニックを誉められて嬉しくて、二人の亀頭にキスをすると、そのヌルヌルの亀頭を自分の柔らかいマシュマロおっぱいの乳首に擦り付けた。

「ああぁ・・はあ・・気持ちいい・・」

「あぁぁ・・すげえ柔らかいな女将のおっぱい・・はあ・・」

男は女将のおっぱいに亀頭を擦りつけられ、自分たちのチンポから出るカウパーで女将のおっぱいをヌルヌルに濡らせる。
そして女将の二つのおっぱいの谷間に、日本のチンポを同時に挟み込んでおっぱいを持ち、上下に擦り揉みしだいた。
そしておっぱいの谷間から、飛び出てる亀頭に舌先をチロチロと這わせる。

「ああぁぁ・・ううぅ・・女将のテクすげぇ・・二本同時にパイズリ・・はあ・・すげえ気持ちいい・・」

「ううぅ・・ああっ・・あぁっ・・気持ちいい・・ヤバい・・ああぁぁっ・・」

「んんっ・・お客様の熱いとろみも・・美味しいです・・んっ」

旅館の交わりの間は、男二人と女将一人の喘ぎ声が響き渡る。

「はあ・・では、わたくしの穴二つ同時に楽しんでくださいませ」

「二つ?アナルもOKなの?」

「はい。もしお嫌でなければお二人ご一緒にいかがですか?」

「もちろん!二穴同時にヤらせてもらうよ」

「ああ。どっちがいい?」

「オレアナルに挿れたい」

「よし、オレマ〇コな」

二人の会話で決まったことを知り女将は、金糸の美しい刺繍で彩る長襦袢を肩から落とし、布団の上に膝を付いた。

「オマ〇コをご所望のお客様は、わたくしの下へアナルをご所望のお客様は、わたくしの後ろへいらしてくださいませ」

男はそれぞれ移動し、女将のマ〇コに挿れる男は布団に仰向けになり、女将はちょうどマ〇コに入る所に跨り股間を合わせた。
そして女将自らお客のチンポを後ろ手で掴み、跨った股間に亀頭を擦りつける。

「うぅああぁ・・女将のマ〇コもビッチョリだな・・裸裸ちゃんと同じだな」

「裸裸と美裸もわたくしのオマ〇コに似て、愛液がたっぷり溢れてしまうんです・・うふふふ」

女将は、双子の娘のことを言われ恥ずかし気に笑った。
そして女将は、お客のチンポをマ〇コにヌプーッと挿入させていった。

「はぁっ・・ああぁぁぁ~ん・・きもちいいぃぃ・・わたくしの・・肉アワビ・・いかかですか?・・ああぁぁん・・」

「ううぅぅぅ・・ああ・・最高だよ・・ヌメヌメしててああぁ・・カズノコ天井・・超気持ちいいっ・・」

「はあぁ・・ありがとうございます・・では、わたくしのアナルにお客様のお肉棒を・・挿れてくださいませ~・・」

そう女将が言って、後ろにいてチンポを擦りながら挿入を待っていた男に、お尻を突き出してアナルの穴を指で左右に広げて誘う。
赤く熟れた肉穴に、男はチンポの亀頭をあてがいヌプヌプと中へ挿入させていった。

「あっああぁぁぁ・・お肉棒が二本入ってるぅぅ~・・ああぁぁ」

「うぅぅおおぉぉっ・・女将のケツマ〇コ・・ああぁ絞まるっ・・」

男は、首を仰け反らせ目を閉じチンポがヌプーッと入り込む感触が、堪らない快感で声をあげ呻く。

「ああぁぁぁ~ん・・はぁ・・はぁ・・お肉棒で・・いっぱいわたくしの穴二つ・・犯してください~・・ああぁ・・」

女将は、二本のチンポに犯されてる自分に興奮して叫ぶ。
男たちは、女将の穴の中を再びガチガチのチンポで擦り始めた。

「ああぁっ・・グチョグチョだ・・女将のマ〇コ・・ううぅぅ」

「はあぁ・・ケツマ〇コも・・オレのチンポに絡みついて・・ああぁすげぇ・・気持ちいい・・」

男たちは、女将の穴二つを怒張したチンポで擦りながら呻き、感想を述べあう。
女将は、四つん這いになり下からも後ろからも硬いチンポで責められ、悦楽に悶え赤い唇を開きヨダレを垂らしながら、喘ぎ声をあげ続けた。

「あっあっあっ・・気持ちいいぃぃ・・あっわたくしの肉アワビも・・菊の蕾も・・あっあっスゴイ・・あっあっああぁん・・」

「ううぅぅ・・女将の菊蕾・・ああぁ絞めつけてくる・・うぅぅ」

「はああ・・肉アワビも・・チンポ蕩けそう・・ああぁぁ」

更新日:2022-08-10 08:37:14

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook