• 44 / 75 ページ

【第三章】湯殿の変事

 その夜、玉は将軍と閨を共にし、幼少の頃のことを将軍に語って聞かせた。将軍は思わず大笑いした。
「そうか、そうか、そなた子供の頃に万に水攻めにされたと申すか?」
 例の玉が万の鯉を毒殺した仕返しに、水風呂に入れられた話しである。
「あの方は、幼少の頃は少し間がぬけたところがございました。そのため私も食事に塩を混ぜたりいたしましたが、さすがにあの時は少々いたずらがすぎました」
「それにしても、そなたを水攻めにした万は中々に悪女よのう」
 と将軍は皮肉めいた口ぶりでいう。
「春まだ浅き頃 華清池に温泉を賜る 水清らかにして きめ細やかな白い肌を洗う」
 将軍が口ずさんだ詩は、例の長恨歌の一節だった。楊貴妃の入浴する様を歌った箇所である。
「まことに傾国の悪女というは、万のようなおなごをいうのであろうかのう」
 すると玉はふてくされたような顔をして、将軍に背をむけた。
「万様が国を傾けるほどの悪女なら、私は一体何者でございましょう」
「すまん、これは失礼した。謝るぞ」
 将軍は、玉と閨と共にしながら万を持ち上げすぎた、自らのデリカシーのなさを後悔した。
 しかし玉の不快感は中々消えなかった。将軍と夜を共にしていても、時々、万のことが脳裏をよぎるのである。それは時として、ひどく卑猥なものであったりもした。
 やがて将軍の手が、再び玉のあらぬところにのびてくる。玉は将軍を受け入れつつも、何故か万がどこかで見ているような気がした。背徳感が激しい興奮にかわっていく。そして激しく乱れる様は、将軍をも高ぶらせることとなるのである。

 お目見え以下の身分から、たちまちお手付き中臈となった玉は、お万から独立して長局に一室を与えられることとなった。
 身分の高い大奥女中の部屋は二階構造になっており、押入れ、便所、囲炉裏、物置、物干し台などがそろっていた。下の階には部屋子たちが居住し、上の階が中臈となった玉の生活空間だった。しかし、ついこの間まで玉は万の部屋子として、一階に居住していたのである、自らが主として上階に住むといっても、ピンとこない。そして改めて万の存在が、自らにとっていかほど大きかったか、知ることとなった。

  春も間近になり、将軍家光の名ばかりの正室である鷹司孝子が、病となり重篤との噂が大奥に流れた。家光は気が進まなかったが、将軍としての体面もあり、孝子のいる中の丸まで見舞いに赴くこととなった。
「今日はことのほか寒い。見舞いを終えたら湯殿につかりたい。そう中の丸の者に伝えよ」
 家光の言葉は小姓を通じて、すぐに中の丸に伝えられる。中の丸では粗末な木綿の衣装をしたお末たちが懸命に湯殿を磨き、湯を沸かし、将軍の入浴に備えた
 中の丸で湯殿を管理するお末の頭は、お夏といった。お夏は几帳面な性格をしており、完璧主義で厳格すぎるため、他のお末から嫌われていた。一通り湯殿の準備が終わると、夏はお末たちを一ヶ所に集めた。そしておしゃべりがすぎた者、仕事を怠けていた者などの名をあげては、名指しでその者を非難した。
そもそも、このお夏なる女がお末頭になれたのも、仕事に対しての厳格さゆえだった。しかしそれは己の卑しい素性を、なんとか己で偽ろうとする、仮面のようなものだった。
「ふん女郎あがりが!」
 お末の一人がぼそりと口にした言葉を、お夏は聞きのがさなかった。
「八重! 今なんといった!」
 といってつかつかと、その八重なるお末の前に行って、今一度問いただす。
「私を女郎あがりといったね! お前さんこそ、火事場泥棒の娘じゃないか!」
 二人は口論となり、ついにはお夏は八重を平手うちする。それをきっかけにつかみ合いの喧嘩になった。周囲が止めに入って一時はおさまったものの、八重は納得できなかった。他に夏に不満をもつお末と共に、なんと湯殿の湯をすべて水にしてしまったのである。果たして将軍は水風呂に激怒した。
「御末頭をここに連れてまいれ!」
 すぐに夏が呼び出された。夏は恐怖でふるえながら必死に謝るも、将軍の怒りはおさまらなかった。
「この寒い最中に水風呂とはな! まずそなたが入ってみよ!」
 家光は夏の手を引っ張ると、そのまま水風呂にほおりこんだ。すると、木綿の衣装が水浸しになり、肌が透けてみえてしまった。
「ほう!」
 将軍の目の色がかわった。自らも水風呂に足をつかると、そのままお夏の衣装を力まかせにはぎとった。
「おやめくだされ! どうか御勘弁を!」
「許さぬ!」
 将軍の手がお夏の秘部にふれた。お夏は水の中でもがくも、時と共に先刻八重のいった女郎の本性が、次第に露わになっていく。将軍にしてみても、最初は固い印象をうけた八重が、ついには女の本性を露わにし激しく乱れる姿は、非常な喜びだった。お夏が悶絶するまで、将軍は情けも容赦もしなかった……。






 
 

 

 


 


 
 




 

更新日:2023-05-14 13:26:15

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook