• 41 / 75 ページ

【第二章】玉将軍の閨へ……

 八代将軍吉宗が、身分を隠して城下を歩いていたというのは、もちろん講談の創作である。しかし家光が身分を隠して城下を歩いていたというのは、どうやら史実のようである。
「だからあれほど申したはずです! 将軍が一人夜歩きなどと! いつ何時何者に命を狙われるやもしれぬと! 殿がいつまでたっても戻らぬので、伊賀者たちを手配いたしましたが、もう少し遅かったらどうなっていたことか……」
 大奥御座の間にて、春日局は将軍家光相手に怒りを爆発させた。
「襲ってきた者たちは、肥前島原藩の者と申したな。島原の乱の責任を問われ、島原藩は御家断絶となり、浪人となってわしの命を狙ったのであろう」
 さすがの将軍も、苦虫をかみつぶしたような顔でいった。そこへお万がはいってきた。
「お万どうじゃ? 玉の傷の具合は?」
「はい命に別状なく、一月、二月も養生すれば傷もなおると匙は申しておりました」
「浪人山中新三郎が、実は余であると知ってどうであった?」
「驚愕いたしておりました。知らぬこととはいえ、玉がずいぶんと無礼を働いたとか。どうかお許しください」
 と万は平伏していった。
「余をかばって撃たれたのじゃ。そなたが謝ることなど一つもない」
 将軍は立ち上がり、その場を後にする。将軍の意を察して、小姓たちもまた立ち去った。春日局と万だけが残される。春日局は皺にまみれた顔を、いつになく険しくした。
「これはあくまで内々の話ではあるが、上様におかれてはもしかなうならば、お玉を側室にと考えておいでじゃ」
 万はこの言葉で驚きのあまり顔をあげて、春日局の顔をまじまじと見た。
「最も、そなたと玉とは実の姉妹以上の間柄。側室ということになれば、そなたにも思うところがあろう。それ故こたびばかりは、我等も無理にとはいわぬ」
 そこまでいうと、春日局は立ち去ろうとした。
「お待ちください。玉を側室にするとのこと、もし玉がよろしいというなら、私には何の異論もござりませぬ」
 と万は簡単に返事をしてしまった。

 しかし、さすがに玉はこの件に難色をしめした。
「そのようなこと、お万様をさしおいて、あまりに恐れおおいことでございます」
 と玉は恐縮していう。
「玉よく聞いておくれ、私はもうずいぶんと上様と寝床を共にした。なれどいまだに子を授かってはおらぬ。もしやしたら私は石女なのやもしれぬ。このままゆけば、やがて上様は新たな側室を迎えることになるやも。その者が上様の子をなすよりは、かなうことなら、そなたが子をもうけよ」
 と万は玉に顔を近づけ、半ば命令口調になった。
「まだあきらめるのは早いかと存じます。それにもし私が子をもうけたとて、将軍家の世継ぎは、すでに決まっておりまする」
「竹千代君のことか、なれどこういう言い方はあまりやもしれぬが、あの若君は病弱じゃ。いつ命はてるやもしれぬ」
 と万は声を小さくしていった。
「それにのう、もしあの若君が無事将軍職を継いで、若君の子、孫と将軍職が継承されたとて、いつか血が途絶えるやもしれぬ。その時になって、そなたの血筋の誰かが将軍になれば、我らが今日ここにあったこと決して無駄にはならぬのじゃ」
「かように遠い将来のことを申されましても……」
 と玉は困惑した。
「とにかく玉、そなた今までよう私に尽くしてくれた。これよりはそなた生きよ。己の人生を己の手で、私もそれを望んでおるのだ」
「もったいなお言葉にござりまする」
 玉はかすかに、目を潤ませずにはいられなかった。
「それにしても……。後の世の人々は我らをどう思うのであろうのう。まこと我等、なんという星のもとに生まれてきたのであろうか」
 万は思わず長嘆息した。


更新日:2023-04-05 16:34:34

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook