• 34 / 75 ページ

【第二章】蘭と玉

 最初の夜こそ悲惨な結果に終わったものの、その後も将軍は幾度か蘭を夜の相手として指名する。
 蘭がお手付き中臈となって間もなく、一通の手紙が届いた。差出人は今や「義理の兄」である弥平の勤め先、常陸屋の店主だった。内容は簡単にいうと、可能なら大奥と取引ができるよう、便宜をはかってほしいというものだった。もちろん蘭の古着屋時代からの縁を頼りにしてのものだった。
 蘭は姉夫婦との確執を、夢にも忘れたことがなかった。しかしそれとこれとは話が別であると考え、実際に常陸屋の主と会った後、この商談を受け入れることとした。江戸城大奥には、大奥女中たちの着るもの一切をつかさどる「呉服の間」という役職がある。今やお手付き中臈となった蘭の仲介で、こうして常陸屋と呉服の間の取引がはじまった。
 ただ呉服の間との取引は、あの弥平の直接知るところではなかった。後日そのことを知って、複雑な思いにかられることとなる。
 その後も蘭は、様々な形で常陸屋のために便宜をはかってやった。おかげで常陸屋は莫大な利をあげ、店は大きくなる一方だった。
 しかし、弥平にとってはいかほど店が大きくなろうと、決して面白いことではない。弥平にも意地というものがある。事実、常陸屋の中にも、この蘭の「義理の兄」に、冷たい眼差しを向ける者はやはりいた。蘭の親切心は、蘭がそれを意図していかなったにせよ、真綿で首を絞めるようにじわじわと弥平を苦しめることとなる。そしてついには悲劇をまねくこととなるのであった……。

 大奥では、将軍の手の付いていない中臈を「お清」と呼ぶ。一方将軍のお手付きになると「汚れた者」と呼んだ。これは大奥女中たちの嫉妬と羨望の入り混じった、痛烈な皮肉であった。大奥には、常に女中たちの嫉妬と憎悪が渦を巻いている。それははれて「お手付き」となった蘭にも、情けも容赦もなくむけられるのであった。
 冬が訪れ雪も降り始める頃、大奥中にある噂が飛び交う。例の蘭の父が鶴を殺した罪人だという噂である。蘭の部屋方の者にも、冷たい眼差しを向ける者もおり、蘭の心を深く傷つけることとなる。
 大奥女中たちは、よく集まっては歌会などを催した。しかしここでも町家育ちで句などつくったことのない蘭は、下手な句しかつくることができず、恥をかくこととなる。そして、ある大奥女中がつくった句が蘭を悲しませた。

 冬の朝 吐く息白く つる(鶴)りとすべる 我が身なりけり

 歌会に参加した女中たちの間から、失笑の声がもれた。蘭はいたたまれなくなり、顔をおおって歌会の場を途中退席してしまう。歌会には、ようやく体調が回復しはじめた万も参加していたが、この光景を複雑な表情で見守っていた。

 万は自分の部屋に戻ると、すぐに玉を呼びつけた。
「玉そなたであろう。あの蘭が罪人の娘であるという噂を流したのは」
 万は、あえて玉に背中をむけた語りだした。
「さて、なんのことでござりましょう?」
「とぼけても無駄じゃ! あの者が罪人の娘であるということを知っているのは、この大奥で私と春日様そしてそなただけじゃ」
「だからどうだというのです」
 と玉は居直った。
「お忘れになられましたか? 将軍の手の者に寺を包囲された、あの夜のことを……」
 瞬時、万の表情が険しくなった。
「もしあの者が将軍の子を宿せば、万様はどうなりましょう。一体何故ここにいるのか、それさえわからなくなります。万様だけではありません。私は万様に命を捧げる覚悟で今日まで、この大奥の息苦しさにも耐えて生きてまいりました。私の一生もまた、何であるのかわからなくなるのです」
「なれど、人を陥れるような真似をして、こなたは因果応報という言葉を知らぬのか!」
「いいえ、そのようなことを恐れていて、この大奥で生きていけましょうや! 万様にもこの大奥で生きていくには、相応の覚悟が必要かと存じます」
 玉はいつになく厳しい表情でいった。
「因果応報と申しても、万様自らがその手を汚すわけではありませぬ。そして汚す必要もございません。私が代わりにその手を汚せばよいのです。私は例えこの身がどうなろうと、万様のためなら覚悟はできております」
「玉よこれだけは申しておく。春日様は、そなたが思っているよりも、はるかに恐ろしい方じゃ。決してあの方を怒らせてはならぬぞ」
 と、万は再び表情を険しくしていった。


 

更新日:2023-03-24 23:05:26

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook