• 19 / 75 ページ

【第二章】初めての夜

 寛永十七年(一六四〇)の正月をむかえた。ようやく髪も長くなったお万は、将軍への形式的な挨拶をすませた。そしてその後、江戸城中の丸に家光の正室鷹司孝子を訪ねる。
 孝子は三十八歳、京都の公家の名門鷹司家の出身である。十六年前に嫁いできたが、 家光との男女の関係はほぼ絶無であり、事実上の絶縁関係といっていい。
「その方たち表を上げい」
 孝子の言葉で、お万とお供の玉は初めて将軍正室の顔を見た。
「なるほど、これでは冷遇されるわけだ……」
 と万は内心、納得する思いがした。
 色白でおよそ健康的とはいえず、女としての色気も伝わってこなかった。そのくせプライドだけは人一倍高そうに思える。正月ということで髪は、おすべらかしに結い、十二単に身をつつんでいる。
「汝か? 仏門に入っていたものを無理やり還俗させられ、あの将軍の慰み者にされる定めの女というのは?」
 孝子は皮肉まじりにいう。
「こなたは伊勢からまいったそうだな。また聞くところによると源氏物語を好むとか……。ならばこの句を知っておるか?」
 孝子は短冊に何事かを書き記し、それを万に投げてよこした。

 
 暁の別れをいつも露けきを こは世を知らぬ秋の空かな

 
 万の額に脂汗が光った。源氏物語は主人公である光源氏と、多くの女性たちの恋の物語である。かっての光源氏の愛人であった六条御息所は、光源氏の愛も醒め冷遇されていた。愛人で、光源氏の子を身ごもった葵上に生霊となってとり憑き、ついには葵上をその子もろとも呪い殺してしまう。ほどなく六条御息所は伊勢へと追放されるが、その時によんだ別れの句だという。
「ほほほ、たわむれじゃ。わらわは別にそなたを呪い殺すわけでも、とって食うわけでもない」
 孝子は万が動揺する様を、さも面白そうに笑った。
「まあ女嫌いのあの方が、是非にと望んだのじゃ。よほどこなたに惚れたのであろうのう」
「女嫌い?」
 万は不思議そうな顔をした。
「その様子だと何も聞いておらぬのか?」
 今度は孝子が不思議そうな顔をした。この後孝子が語った内容は、万にとり実に信じられない話しだった。
 なんと家光は、女嫌いの男色家だというのである。もちろん相手が男では将軍家に世継ぎの誕生はありえない。春日局も幕閣も困りはてて いたところに、将軍が尼僧姿のお万に興味をもった。春日局があれほどの強行手段にでてまで、お万を還俗させ大奥に留めた背景には、家光の男色があったわけである。

 

更新日:2023-02-24 22:32:20

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook