• 1 / 12 ページ

夢なら醒めないで

もう長いこと、忘れていた。
同じ部屋で眠らなくなってから。

いや、違う。
同じ家で、暮らさなくなってから。

一つ屋根の下で暮らしていなくても。
なんだかんだ、行き来してはいるけれど。

離れて過ごした2年、あの頃気付いた。
一緒にい過ぎないほうが、お互いを思いやれるって。

だから、離れて暮らしたままだ。
離れていたからこそ。
別れ際は寂しくもあるけど。
一人の時間を気兼ねせず楽しむことができる。

ただ昨夜、久しぶりにチャンミンを抱いて。
チャンミンも俺を抱きたいと言うから、仕方なく。
抱かれて。

熱が、こもっている。体に。
そのせいか。

一人きりのベッド。誰もいないはずなのに。
伸びをした手の先に触るしなやかな肌。

更新日:2022-01-12 19:53:42

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook