• 41 / 45 ページ
チ「とにかく、あいつのチップがどんな事をしてるか調べなきゃならん。隠して入れてるから、影響は徐々に表れてくると思うんだ」
フ「そうね。心配なのね、あなたとしては‥。分かるわ、手に入れたばかりだというのに。大変ね、ユネストも強敵だし、ユースもいるし。レイクって罪作りだわ。私にも半分くらい男を分けて欲しい所よ」
チ「半分どころか、全部くれてやるよ。ユース以外は。
 ‥じゃ、あのクソバカ野郎をすぐに連れて行きたいから、車を回してくれ。そちらで用意はするんだな?だったらスーパーコンピューターと診療室を、俺に使わせるだけでいいよ。あんたらは寝てて構わない。下手に見物されるよりはずっといい」
フ「そんな大仕事が始まるってのに、寝てなんていられないわ。私、パッチリ目が覚めちゃった。二日酔いもなしよ。新入所員が来る第一日目から、早くも面白い展開になってるわ。何てステキな朝なの」

更新日:2022-01-29 12:56:26

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

ORIGIN180E オリジナリズム編 12