• 24 / 58 ページ
それは首都圏での巨大地震発生の当日のことだった。
掛は大地震で被災された都内の住宅街を彷徨っていた。
財布の中の金は無事だった。

掛「金は無事だったけど、今日の晩飯どうしようかな?」

すると倒壊した住宅の方から助けを求める小さな女の子が聞こえた。

女の子「たちけて・・・!たちけて・・・!」
掛「え・・・?」

その女の子は留守番中に大地震が起きた時に家屋が崩れて下敷きになり、
血だらけの状態で動けなくなっていた。

女の子「パパアァー‼ママアァー‼」

掛はその女の子の声に気づいた。

掛「そうだ!助けなきゃ!あの女の子を助けなきゃ‼」

勇気を出した掛は女の子を助け始めた。

掛「大丈夫だ!今俺が助けてやるからな!」

そして掛はその女の子を倒壊した家屋から引きずり出して助けた。

女の子「パパァ・・・ママァ・・・」
掛「君、大丈夫か?しっかりするんだ。
  すぐに病院まで連れてってやるからな。
  俺がいたからにはもう安心だ。」

掛はその後、その女の子を病院まで連れていった。

更新日:2021-12-31 06:41:44

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook