• 12 / 16 ページ

短編紹介1「ポケットモンスターR関連のやつ」

●『ポケットモンスターR 出張版』


 ノワールとビオレの話。
 これは単純に、しばらく書いてなかったから勘を取り戻したいという気持ちで書いたやつだったと思います。

 あとはビオレのキャラクターを掴むための練習ですね。



●『ハンサムハウスへようこそ!』

 久しぶりに『ポケットモンスターR』のキャラクターを書いてみたくなって書き始めたけど頓挫した話。

 『ポケットモンスターR』のアフターストーリーで、ミアレシティのハンサムハウスの所長がノワールになっています。

 この辺は完結編でバディを組んだときの縁で任されることになったのですが……。

 ハンサムハウスは探偵事務所から芸能事務所に転身。

 美少女アイドルに変身したゾロアークと、プラズマ団時代のカリスマ性を活かしたNの二枚看板で活動しているという変わりよう。

 ゲームにおける本来のハンサムハウス二代目所長――マチエールもマネージャーとして働いています。

 そこにハンサムに憧れた探偵志望の主人公――マーブルがやってくるのが物語の始まり。

 ミアレシティでは、ストリートバトルというのが流行していて、東西南北のストリートでバトルを取り仕切っているオーナーがいるという設定がありました。

 非公式のポケモンジムみたいなもんです。

 なんやかんやでマーブルは腕試しでストリートバトルに挑戦することになるのですが……ノースサイドストリートのオーナーが実はノワールで、新旧主人公対決になります。

 ノワールはパンプジン、マーブルはマーイーカを繰り出しますが、ノワールのパンプジンはゾロアークが化けた姿。

 パンプジンと闘っていると惑わせたことでノワールはマーブルに快勝。

 ハンサムハウスを芸能事務所にしたことはともかくとして、マーブルはこの人の元で修行を積めば立派な探偵になれるかもしれないとハンサムハウスの見習いになることを決めます。

 最後は、ノワールがNとゾロアークにマーブルを加えた三人組ユニットをデビューさせる企画書を練っているというオチで終わる予定でした。

 ちなみにアイドル活動で得た収入の大半は、恵まれない人やポケモンのために寄付をしています。

 おふざけのようでいて、ノワールなりのやり方で世の中のためになることをしているわけですね。

 ストリートバトルのオーナーという設定と、ハンサムハウスを芸能事務所に変えてしまうというめちゃくちゃな展開が気に入ってました。

 まあ最後まで書けなかったんですけどね……。

更新日:2021-11-12 20:59:36

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

【完全版】ポケットモンスターR プロット全公開