官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 1 / 2 ページ

ハ~イ お弁当

「いってらっしゃい、あなた。ハイこれお弁当」
「ありがとう行ってくるよ」
 私は毎朝、主人を笑顔で送りだすと、二つの弁当を持って、自転車で10分ほどの距離にある家へ向かうのです。

「おはようございます。お義父さん」
「ヤスコ、おはよう」

「今、お味噌汁を作りますから」
 義父の朝食のおかずは納豆か海苔。後はお味噌汁が有れば充分なのです。

 私は山本康子(51)。
 2年ほど前までは、企業の社員寮で賄い婦として働いていましたが、お義母さまが病に臥され、他界されてからは、お義父さんの食事の面倒を見る為に、夫の実家に弁当を持って通っているのです。

 自慢ではありませんが、賄い婦として働いている時から若い社員や、それなりの年代の人からかなりのアプローチを受けていました。

 きっとこの頃から、オスを引き寄せるメスのフェロモンが私の女体から分泌していたのかも・・・。

 同居するのが一番便利なので、義父と共に住めるようにとマンションを購入したのですが、元気なうちは自分の家がいいと、離れたがらないお義父さんなのです。

「ヤスコ、豆腐にネギを多く刻んで入れてくれよ」
「は~い。お義父さん」
 お義父さんは私のことをヤスコと呼ぶのです。

 そう呼ぶのはお義父さんだけです。

 偶然にも私の名と、他界された義母の名が靖子で同じ読み方だったので、義父は呼び慣れた名を呼ぶのです。

 私は主人から、名前で呼ばれたことはありません。

 主人に言わせれば、ヤスコと呼べば母親を呼んでいるみたいで嫌だと言います。
 この時だけは私を妻として見てくれているのでしょう。

 義父から名前を呼ばれると、絵に描いた新婚時代を迎えたような気になり、新鮮で嬉しくなります。
 ここ1年は、義父の妻になったつもりで生活しています。

 正直に言えば、義父の食事から性処理までの全てを私が面倒を見ているので、妻と呼ばれる存在と何ら変わらない生活を送っています。

 義父は主人とは全てが真逆です。

 主人の食事は、若いので肉食系の食事を好むのですが、夜の生活となれば全く逆の草食系になってします。

 反対に義父の食事は年相応に草食系なのですが、私とセックスするときは肉食系に変身するのです。

 弁当を届ける事になった初日から、義父からこんなことを宣告されました。

「好みの女を目の前にして、私は手を出さずにいる自信がない。毎日通うなら覚悟してくれ」

 義父はキッチンに立っている私のお尻を撫で廻しながら言ったのです。

 いきなりの初日から、息子の嫁に平気で手を出そうとする義父に、驚きましたが、その予感は旦那と結婚した時からありました。

 私が実家を訪問する度に、舐めるような視線を義父は浴びせていましたが、私はその卑猥な視線が嫌ではありませんでした。
 むしろ心地よさを感じていました。

 義母がいても、女として見てくれていることを喜び、嬉しくてたまりませんでした。

 私は義父にお尻を撫でられると、つい嫌がるフリをしながら。
「あは~ん」
 と甘えた声を出し反応してしまうのです。

 義父は私の反応を見ると、そのままお尻を撫で廻しながら、後ろから抱きしめられ乳房を揉まれるのです。

 抱き締められると、オスを感じさせる匂いが義父から漂い、堪らなく興奮するのです。
 この時点から私のアソコはジワーっと・・・・・・。

 欲情した牝がオスのフェロモンに引き寄せられ、獣みたいに交尾する二人です。

 私と義父の親子関係は、こうして弁当を届けた一日目にして男と女の関係になってから早いものでもう1年が経ちます。

 私は毎朝、義父に昼食用の弁当を届けると、朝食をしてもらっている間に部屋の掃除を済ませてしまうのです。

 10時頃になると、義父はいつも朝風呂に入るので、私も入浴の準備をして一緒に入ると義父の背中を流します。

 私は義父の背に乳房を押し付け、また義父もうしろ手で私のアソコを弄ってくるのです。
 入浴の時から既に私たちの濃厚なセックスは始まっているのです。

 風呂から上がれば、そのまま体を求められ敷いてある布団に転がる二人なのです。
 性欲が強い義父は、簡単に私の肉体を解放してくれません。

 昼過ぎまで私は抱かれ、昼食がふたりの休憩時間になり、持参していた弁当の食事がすめば再び義父は私の体を求めてきます。

 最初は義父のためにと1個の弁当でしたが、体を求められそれに応じた私は、調理の時間さえも惜しいので弁当を2個持っていくようになったのです。

 私は嬉しくて義父を受け入れ、夢中になり乱れます。
 敷いてあるシーツに、愛液のシミができるくらいに私は濡れるのです。

 1年ほど今の生活スタイルを続けていますけど、セックスの回数は主人とするより、義父との方がダントツに多いのです。 
 
 つづく

更新日:2021-10-23 18:57:35

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

弁当と肉体を届けるデリバリー主婦 R-18