• 8 / 29 ページ

「対人能力」は変えられる、「ブス」だって「美人」になれる

あなたが、「社会」に伝えることのできる

「メッセージ」とは、

いったい、何でしょうか。

あなたが、伝えることが可能な、

重要な「メッセージ」を、

二つほど、挙げてみましょう。

あなたもいっしょに、考えてみてください。

1.「対人が苦手な人」も、「対人能力」は「変えられる」

「対人が苦手」「人付き合いが苦手」だと

思い込んでいる人がいるとします。

けっこう、多いのです

(人から見て、一見そう見えないような人ですら、

悩んでいることがあります)

そして、「対人が苦手」と思い込んでいる

「どの人よりも」、

實は、あなたこそは、

もっと対人がひどく、

もっと人付き合いが苦手だった時期が、

長いのです。

あなたは、そこから、

必死の「努力」により、

「対人の印象が、以前とはがらりと違う女性」

へと、常に、変化しつづけています。

このことは、

「対人が苦手」だと、

思い込んでしまっているすべての人々にとって、

とても面白く、

「明るい話題」

となることでしょう。

2.「現在ブスだけど美人になりたい人」は、「美人になれる」

あなたは、過去10年近くもの、

長きにわたって、

無理に、写真を撮っても、

どこからどう見ても、「ブス」にしか撮れず、

「写真を撮る気にすら、なれなかった」

時期がありました。

そう、あなたの、

「対人不全の時代」のことです。

いま自分を、

「ブス」だと思い込んでいる

「どの人」よりも、

「対人不全の時代」のあなたは、

「ブス」そのものだったといえるのです。

あなたは、その、

「どん底のブスの状態」から、

「整形手術」もしていないのに、

唯々、あなた自身の、

「美人になりたい」意思の力と、

必死の「努力」により、

「別人」のように、

「美人風の雰囲気のある女性」へと、

あなた自身の姿を、

「変えて」きたのです。

これは、

「いまブスだと感じているけど、美人になりたい」

すべての女性にとって、

「参考となる明るい話題」です。

(「トランスジェンダー」の方にとっては、

とらえ方が、また違うと思いますが)

性的嗜好が「ストレート」であるすべての女性は、

「女性ホルモン」という「宝」を、持ち合わせています。

「女性ホルモン」こそは、

「美しさを求める人」が「注射する」ほどの、

天然の「美の薬」なのです。

この「美の薬」を、

幸運にも持ち合わせている、すべての女性は、

「美人になりやすい」性質に、

もともと、恵まれています。

自分自身の、

意欲と工夫と努力と興味しだいで、

誰でも、「美人」になることは、できるのです。

そのことは、

40代を過ぎてから、

「美人ぽく」変化することに「成功」しつつある、

「あなた自身の姿」が、「社会」に伝えることのできる、

明白で、如実な、

「明るいメッセージ」なのです。

更新日:2021-05-03 11:41:43

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook