• 39 / 40 ページ

あとがきと感謝の言葉

ここまでお読みいただきありがとうございます。作者のかとぶです。
今回はノブさんの小説第二弾を考えてみました。前回の作品を公開してほぼ一年経過していたことに驚きを隠せません。

第二弾を考えようと思ったきっかけは以前から、リアルの仕事の都合もあって、ノブさんの平日の配信に参加できなくなり、エフエフを楽しむきっかけを作ってくれたノブさんにせめて何か感謝の気持ちを伝えたいと思ったのがきっかけです。

そして、肝心の内容についてですが、多分予想されていなかった方も多いのではないでしょうか?

きっかけは最近、のぶさんの配信に参加されるようになったAyakaさんのtwitterのとあるつぶやきを読んで、ぷこさんと以前からお知り合いなのを知ったことです。しかも、二人ともララフェル、そして白魔導士……('Д')
これは、何か面白い話を考えられるのでは?

仕事中にそう思ったのがきっかけで(ちゃんと仕事しろ)、久しぶりにパソコンのワードやスマホのメモ帳で第二弾の内容を考え始めました。
そこからは趣味の小説執筆のスランプ状態が嘘だったかのようにどんどん内容が膨らんでいきました。
今回初登場してもらった方々はもちろん、前回から引き続き登場する人たちも本当に個性豊かでネタに突きません(笑) 

キャラ崩壊や拙い文章で申し訳ないですが、前回を超えるボリュームで作れたのはノブさんを初め、配信を見に来てもらっている皆さんのおかげです。
また、ふとしたことで第三弾を作るかもしれませんが、完全に気分で書いているので期待せずにお待ちください(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次のページから登場して頂いた方々に一言ずつコメントを!(もしコメントない人いたらごめんなさい!) 

更新日:2021-02-03 20:49:00

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook