• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 8 ページ

森の あ!くまさん


 その森は、エイスラル王国へ続く道の途中にある。季節の草花が生い茂り、幾度も馬車が行き来したことによりある程度の幅の道ができている。道さえ外れなければ険しくもなく、穏やかな森だ。
 
 どの森にもあるように、その森にも立て看板が設置されている。

『熊出没!注意!』

 そうは言ってもこの森は、熊の食料も豊富なので、冬眠明け直後に出くわすとか、うっかり小熊をいじめてしまったとか、不幸な要因がなければそんなに危険ではない。熊はやかましい音を立てて歩けばあまり近寄らないものだから、エイスラルに行き来する者は例外なく熊除けの鈴を身に付けている。

 注意点は、死んだフリというのは意外と有効ではない、ということだ。 
 一番良いのは、有名な歌にもあるように、スタコラサッサと逃げることだろう。しかし熊は直線距離ではかなり速く走れるそうだから、陽気なテンポで逃げていたら大変なことになるということは覚えておいたほうがいい。このあたりのレクチャーは、エイスラルの入り口あたりに住んでいるリュダンおじさんにしてもらうといい。記念品の木製手作りコースター(非売品)をもらえるかもしれない。
 
 ところでこの森にはもう一種類、あまり他では見かけない立て看板がある。

『悪魔出没!注意!』

 そう。

 この森には。

 悪魔が出るらしい……――。






更新日:2020-03-22 02:15:22