官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 5 / 35 ページ

みんなでオナニー

最近、養成学校生たちに変化が現れた

モニターで俺の射精している姿を見たあと
性的変化が現れたようで
自慰室でや性行室の利用が増えています。
自慰室、性行室とも3部屋あるのだが埋まっているようです。

我慢できない子がトイレや目立たない場所でオナニーするなど
規則を守らない子が出てきました
そしてオナニーのおかずは俺らしく
スマートフォンで撮影した画像でオナニーしているそうです。

そこで養成学校側はあることを決定します。
希望者による一斉オナニー、セックス実施

募集をかけた結果210人の希望者がありました。
オナニー150人、セックス60人。
俺もおかず担当として参加することになりました。

そして当日にランチタイムのあと、希望者は体育館へ。
そして俺が舞台に立ったあと合図とともにスタート。
制限時間60分の性欲処理が始まりました。

俺のオナニーを見ながら生徒たちは一斉にオナニーを開始。
後ろでは女の子同士のセックスも始まりました。

体育館中喘ぎ声やうめき声、アソコをいじるクチュクチュ音など
今まで見たことがない光景が目の前にありました。
しばらくすると女の人の甘酸っぱい匂いが漂ってきて
俺もオナニーが気持ちよくなってきました。

横を見ると先生や研究員の人も立ちながらオナニーをはじめてしまい
2,3人でベロチュウしているのもいました。
何人かそばで見たいのか舞台の近くに立ちオナニーしているので
側に行き俺はM字開脚で勃起したおチンチンを見せてあげました。
見られながらのオナニーで俺も興奮して
女の子たちの前の舞台の床に精液を撒き散らしました。

精液の匂いを嗅いだ女の子はますます興奮して
絶頂したり失神したりとすごい光景です。

中に入り俺の精液を手に取り、じっくり見たり匂いを嗅いだり
指につけた精液でオナニーしようとした子がいたので
先生から妊娠するからやめてくださいと注意をうけました。

俺も勃起が収まらないので、何回かオナニーと射精を繰り返し
舞台の床が精液だらけ。

精液のと女性の甘酸っぱい匂いが混ざった匂いが体育館中に漂い
全員が興奮の最高潮。

60分がすぎ、周りを見るとみんな放心状態で椅子に座ったり
床に寝てしまったり。
シャワーの台数がないのでその場でウェットティッシュで体を拭き
シャワーの他、場合によってはプールで洗っても良いことになりました。
退場するときの女の子の顔はみんなスッキリしていて
にこやかな顔をしていました。

それから数日が立ち
女の子たちの性欲の暴走が止まりません。
教室や廊下などところ構わずオナニーやセックス。
俺が女の子に襲われそうになることがありました。
俺を守ろうとしたあおいや宮田さんに対し嫌がらせと受けるようになり
校内非常事態となりました。
研究センターは性欲の暴走を食い止めるため
性欲無効の魔術を使い生徒全員を落ち着かせました。

これも足止めに過ぎず、また暴走が始まるかもしれないので
学校側はあることをしようとします。
それは


更新日:2020-01-08 17:10:19

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook