• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 10 ページ

その4

その4
祥子



木戸さん、顔、恐えーって

「…今、外に有川先輩が見えてるわ」

「どういうこっすか、真澄先輩?」

「実はね…。昨夜、OB・OG取りまとめ役だった土佐原先輩を、弾劾ってことで決したらしい…」

「あのう、先輩…、言ってる意味がよくわかりませんが…」

木戸さんと親しい恵川も知らされてねーのか…

こりゃ、いろいろと手が込んでるな…


...


「とにかく、詳細は先輩に直で伺ってみてよ」

執行部三役は、肩を寄り添わせてヒソヒソ話だ

おお、まとまったらしい…

はは…、相川さんとアイコンタクトを交わしてる

うーん、相関関係も聞いてた以上に如実に浮き出てるわ…


...


「…真澄先輩、有川先輩のお話しを伺わせてもらいます」

「了解」

有川先輩は結構小柄だが、身体能力がハンパないオーラはプンプンと匂うように伝わってきたわ

さすが、南玉連合の主だった人たちは一筋縄じゃ行かねーや


...


「先輩、議長の同意は得てありますので、ご発言いただけますでしょうか…」

木戸さん、アンタは秘書かよ(爆笑)

「有川先輩、総集会の節はお世話になりました。今日はお忙しいところ、すいません。早速ですが、どうぞ…」

私はこの二日間で感じたが、総長の合田さん、ちょっとイメージと外れたわ

究極のイケイケとかって評判だったんで、もっともっとピリピリしてる単純なケンカ屋かと思ってたよ

ところが、礼節は重んじるし、フェアでまっすぐ

立場の自覚もしっかりわきまえてた上で、妥協はしない

昨日の麻衣に対する純な行動なんかは、はっきり言って胸を打たれたし…

まあ、当の麻衣もキュンってきたと思うが…(笑)


...



「みんな、しばらく‥。いきなり邪魔だてしてすまんが、しばらく時間をくれ」

みんなが有川さんを見る目…

リスペクトを帯びてるって

この先輩の発する言葉も重いな

となると…、想定通りになるか…




更新日:2019-08-23 19:59:41