• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 7 / 8 ページ

その7

その7
麻衣



「麻衣さん、さっき久美から聞いたわ。幹部会、金曜日らしいわね」

「そうなんですよ。いよいよ南玉連合のマグマがドンと吹き出します。楽しみにしててくださいね」

「要はそこで概ね展開が決まるわね。三田村さんの仕掛けもうまく進んでるらしいし、一番面白い展開になるんじゃないの?」

「まだどうですかね…。まあ、アンコウさんの手並みはもう芸術品ですよ。私も頑張りますよ」

「ハハハ…、麻衣さんの演技力にかかってるわね。久美の役どころが重要なんだって?アイツ、えらい緊張してたよ(苦笑)」

「まあ、器用なウソはつけないヤツだけど、アイツの演技もなかなかなもんですよ。とにかく、こういう場面では使えますよ、久美は」

「じゃあ、土曜の夜にヒールズに揃うってことでいいのね?」

「ええ、片桐さんを除いた全員で集まりましょう。その時には、幹部会を受けての様々なリアションが出てるだろうしね」

「そうだね。祥子にもガンバッてって伝えてね」

「了解。じゃあ、又連絡します」


...



ようやくここまで来た

剣崎さんにもスタンバイ近しで伝えておいたら、相馬会長と会えってね

なんか、直に私から報告が聞きたいとのことだ

まあ、ちょうどいいか

どうやら、一番規模が大きくなる想定が濃厚になってきたし、お力添えの念押しをしとこう

へへ、派手にやりますよ、夏本場ってとこで


...



そうそう、タイミング計って、あのカモシカにも改めてごあいさつしとかなきゃな

あのヤロウ、足のケガがあったのに、夏の大会じゃあ、中距離で地区2位とかってんだから、大したもんだ

バイク上から襲ったリエも、ウソでしょってたまげてたし(笑)

せっかくだから、骨の一本でも折っときゃよかったかな…




更新日:2019-08-21 18:21:13