• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 6 / 8 ページ

その6

その6
夏美



「真澄先輩の提案には、全員が反対か。ただ、それじゃあどうするってことになるよな。真澄先輩、神奈川の波沢さんには赤隊を通さず、話ができないもんですかね…」

「そこよね。私もそれが出来れば、何もねえ…。だけどね、波沢さんは赤隊との握手が黒原未亡人が接点になったことで、岩本とはすっかり懇意になっちゃったらしいのよ。何しろ、波沢さんのお兄さんと黒原さんは、長く盟友関係にあったらしいから」

真澄はここにいる全員の反対にも、大して気にかけていないようだ

なんか、余裕も感じられるし…

確かに今回の問題は、解決策があるようで無い

そんな悩ましい要素があるからね

...


「荒子、ここは下手な小細工は抜きで、波沢さんには湘南へ出向いて行った直接会ったらどう?正面から申し開きをして、改めて志をぶつけてくるのよ」

わあ、今日は鷹美が実にポジティブだ

「…、そうだな。あれこれ難しく考えず、真正面からぶつかってくるか」

荒子はにやっと笑ってその気になってきたわ

「いづみ、どう?」

「ああ、賛成よ。それで行けるんであれば、ベストでしょ」

いづみがそう答えた後、間髪入れず、私にも意見を求めてきた

「私も、正攻法でやってみるべきだと思う。何しろ、私たちは保守本流だもの。荒子があらん限りの思いをぶつけてくれば、向こうもわかってくれるわ。場合によっては、波沢さんと面識のあるOGに同行してもらうとかね」

執行部3人はそろって、大きく頷いた

...

「真澄先輩、”これ”で行ってみるってんで、いかがですかね?」

「うん、まあ、荒子が直に出向けばね…。まあ、拒否されはしないだろうけど。ただ、その後、赤隊とは下手したら戦争になるわ。その辺のケアもね。なんでも、岩本は黒原未亡人には妹のようにかわいがられてるらしいから」

真澄はムキになって反論はせず、いたって冷静に受け答えしている

「…それに、今の赤隊、凄い勢いで人が集まってるわよ。みんなも耳にしてるだろうけどさ。この情勢で相手と向き合ったら、世論としては、南玉、何偉ぶってんだってこともねえ…」

言えるわね…

真澄は”評判のよくない先輩”の情報戦略を織り込んで、この発言なんだろうが、実際、普通の女の子までが続々って勢いではある

「それじゃあ、どうだろうかねえ…。今回は誰が見ても、深刻な事態なんだし、これは我々の対外戦略が手薄だったってことに起因してる。そうであればさ、全体会議を招集して、みんなで諮ってみたら。その際、まずは私ら執行部、OGが、その場でこの事態を招いた点を陳謝してね、その上で、どうするかをさ…」

ついに真澄の要求が出た

しかし、幹部会じゃなくて全体会議を持ち出してくるとはね…

...


真澄提案には、私だけじゃなく、他の3人もちょっと面食らった様子だった

「全体会議ですか…。うーん、まあ、コトがコトだけに本筋からすれば、それが正解のような気もするが…」

「でも荒子、いきなり全員を集めてとなると、事案的にもみんな動揺するし、収集つかなくなるよ。下手したらパニック状態に陥る。まずは幹部会を招集して、そこで全体集会の必要性を揉んでみればいいと思うけど…」

「私も鷹美の意見に賛成だわ。まずは幹部会で本問題を審議。これが優先だよ、やっぱり」

私はかなり強く、きっぱりと言い切った

いづみもほぼ同様の意見で、またも真澄の提案は却下の形だったが、ここでも彼女は特段動揺した感じはなく、むしろ涼しい顔をしてる

なんか気になるな、今日の真澄は…

いつもなら、ヒステリックに捲し立ててるところだろうけど


...



「考えてみればそうね、いきなり全体会議はちょっと乱暴だよね。なら、幹部会で具体策を練る。私もこれでいいわ」

またもや、あっさり折れちゃった…

結局、本事案は、臨時幹部会を開いて具体的方策を協議するということになった

私の今の見立てだと、幹部会で本郷を持ち出す案に賛成するのは、やっぱりごく少数にとどまると思う

ただ、今日の真澄の様子が、妙に引っかかるんだよね


...



その夜、土佐原先輩には、電話で執行部会の経過と結果を報告した

「先輩、先日はお時間をいただき、ありがとうございました」

「…そうか、そう言うことに至ったか。で、いつだい?」

「今週の金曜日、夕方6時半からです。あのう…、甲斐先輩の事情覗ってたんで、いつもの会場は無理だと思って、運動公園の会議室で手配しときました。いいですよね?」

「ああ、彼女のビルはもう借りられないしな。前日までにはこっちのとりまとめ状況、連絡するよ」

「はい。ご面倒おかけしますが、今回はよろしくお願いいたします」

電話は数分で切ったが、先輩、なんか元気なかったな

口数も少なかったし

電話を切った後も、視界の中にある受話器を前に、私は言いようのない不安に襲われていた



更新日:2019-08-21 18:19:44