• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 8 ページ

その4

その4
麻衣



あのタクヤとかいうヤツ、すげえビビってるらしい

まあ、ヤツも”共犯”だしな、アキラの件

自覚してんじゃん

”口留め”受取ったモン介して、私に聞いてくれって

ほんとにバレないか、大丈夫かって…

は?大丈夫な訳ねえじゃん

”垂らし”ちゃってるよ、もう


...



フン、安易に相和会の”出城”へ入ってきたんだ

のこのこと、そのマッドハウスに

おいしいとこだけは持っていけないんだよ

私がタッチしちゃったからさ、残念だったな

で、それなりのリスクは自己責任ってことだ

甘い夢ばかり見やがって…

払う対価はこれからの現実ということだよ

びくびくと怯えてろ、ずっと


...


しかし、昨日の集会は愉快だった

祥子が後任って、みんなに告げた時、久美の顔ったらなかったな

確かにお前とは一番長いし、私の一番近いとこにいる

なにしろ、相和会に拉致された、あの修羅場を共にした仲だ

でもそれだけじゃな…

自分の器知ってりゃ、わかることなんだが

そこに考えがいかないからな、お前


...


それに、知ってるんだぜ、相和会のチンピラとのことも

そいつ、こともあろうに”あの夜”、お前をヤッた相手だろーが

アホかお前、アタマ、大丈夫か?

んで、ハラはバッジの威光なんだろう?

そんなもんで、私らと同等、張れるとでも思ってんのかね

節操ないの極みだぜ、笑っちゃうわ、ホント

いくら私でも、ここまでにしてきた”南玉”に愛着、なくはない

みすみす潰したくはないよ、お前みたいなバカに預けてさ

だから、祥子の下で働け、邪魔にならない程度でな


...


さて、矢島さんと剣崎さんの方も、準備が整ったようだ

私次第って訳ね、いよいよ

あの人たちの緊張感、伝わってくるし

監視はうっとうしいけど、まあ、熱い視線ってことだ


...


現時点では、8月末だ、行動は

今もぼちぼち症状感じるし、その頃、一番きついだろうから…

アキラ兄さんには、今回も活躍してもらう事になるか…

また、アンタに出番回りそうだよ、よろしく頼むな



更新日:2019-08-12 19:23:55