• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 11 ページ

その1

その1
麻衣



”フフッ、いつもながら、すぐわかるわ、あの轟音…”

皆、苦笑いしてるんだけど…

いい加減、年相応の車乗ってくれよ、ってところだろう

壁の時計は、午前2時半を少し回ったところだ

剣崎さんが店の階段を上がってくる

店の4人は、読みかけの週刊誌を手早にテーブルへと放った

...

剣崎さんが店に入ると、4人は一礼してすぐ店外に出る

店の中は、アキラと私と剣崎さんの3人になった

「予定通りってとこか…。打ったのか?」

剣崎さんは、奥のソファで横になってるアキラをちらっと見て、そう言った

「ほんの少量ですけど。倉橋さんが…」

「倉橋なら、その辺の看護婦より針慣れてるか…」だって

さあ、アキラさん、大事な話をしようぜ、奥のボックスで

...

私は缶ビールを冷蔵庫から2本取ってきて、二人が向合ってるテーブルに置いた

私はカウンターで見物だ、とりあえずね

剣崎さんは、まずビールを一気に飲み干した

「オレは相和会の剣崎だ。名前くらいは知ってると思う」

「ええ」

「君のことは承知しているよ。K地区の地上げでは、名を挙げたな。それに、あのライブハウスを繁盛させたのも、君の貢献が大きいとか。そんな君に、こんな理不尽な真似してすまなかった。まず謝罪しよう」

剣崎さんはアキラに20秒くらい頭を下げた、座ったままだが…

「その上で、率直に言う。今日の行動は当然、俺たちサイドの都合ではある。だが、君とケイコの為でもある話でな…。建田さんの2代目は知ってるな?」

アキラは頷いた

「はっきり言って、あの人ではこの後ムリだ。時代に乗ってるように見えるが、違う。中期的に見て、時代に捨てられる人だ。相馬会長の”築いてきた”もん、失ってしまうよ。そこで、早晩、ひっくり返すつもりだ。矢を3本打ってな」

ハハ、剣崎さん、いつになく慎重だ

アキラの反応、じっと観察しながら言葉選んでるわ

「君には一本の矢の”一部”になってもらう。ケイコから聞いてると思うが、会長が残したクスリな、あれの始末の件は、建田組ということになる」

ハハハ、アキラさんよ、まだわかんないよな…

アンタにさっき、針で盛ったもん、その為なんだよ

「錠剤のルートは建田組だ。ムショに入る志願者も手配すんで、話は出来上がってる。君に痛い目を見てもらったのも、それの延長だ。そこでだ、ケイコが”やってる”のは、君経由ということにする。それで、ケイコは最小限の”傷”で普通の子に戻れる。君も犠牲は払うが、今の状況は清算できるんだ。その後は二人、一緒でいられるんだよ。なんの心配もせずに、ずっとな」

アキラ、必死に頭、整理してるようだ

考えろ、一番大事なもんはなんだか、自分が出来ること何なのか…

剣崎さん、詰めに入ったようだ

ビール追加だってさ…




更新日:2019-08-08 22:07:50