• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 6 / 15 ページ

第13章ーⅡ:初めての友達

――翌日の朝。
サーシャは夜明け前から起きて早番であるジーフェスを見送った後、独り朝食をしていた。

「……」

独りテーブルについて食事をするサーシャの脳裏に浮かぶのは、昨夜逢った自分そっくりの彼女の姿。

“エリカさん…とても私に似ていて、アクリウム国の話を本当に楽しそうに聞いてくれた”


      *


『ええ!サーシャさんってアクリウム王家の血筋をお持ちなの!』

ついその場の流れで自ら王族と名乗ったサーシャ。
それを聞いたエリカは目を輝かせて喜んでいた。

『凄いわ!ジーフェス様はフェルティ国の王族で、サーシャさんもアクリウム国の王族…私、王族の御方と話をするの初めてだわ!
あ…もしかしたら私のような立場の人間が気軽に話をするなんていけない事かしら?』

『そんな事は無いわ。私は私、アクリウム国王族出身とはいってもジーフェス様のもとに嫁いだ以上、最早祖国の立場は関係無いわ』

“それに私はその祖国からは永久に追放された身分だし”

自分の祖国での扱われ方を、流石のサーシャも口には出せなかった。

『良かった。身分違いでお別れするなんて嫌だったから…。
その…出来たら、私とお友達になって、くれる?』

『お友達?』

『だって、私達好みも似ていて凄く気が合うし、話していて凄く楽しいし…お友達になったら駄目、かしら?』

サーシャの戸惑う態度に不安げに彼女を見つめるエリカ。

“お友達って…確かにナルナルとは仲は良かったけど、彼女とは主人と従者の立場だったし、エレーヌさんもやっぱりナルナルと同じだし、ライザさんは友達というよりは頼れるお姉さんという感じで…
私に友達!友達が出来るの!”

『友達…その、私、今まで友達と呼べる人が居なくて、今エリカさんにそう言われて嬉しいけど、ちょっと戸惑っているの。私なんかが貴女のような素敵な人と、友達になってよいの?』

『勿論よ。私もこんな性格だからなかなか友達に恵まれなくて…嬉しい!良いの?』

『ええ、エリカさんと私、友達ね』

『わあ!なんて素敵なの!』

凄く嬉しそうにはしゃぐエリカの姿に、サーシャも自然と笑みが零れるのであった。


      *


“友達…私に初めて友達が出来た!”

昨夜の事を思い出し、つい頬が緩んでしまうサーシャ。

「あれサーシャ様、にやにやして何か良いことでもあったのですかぁ?もしかして、昨日旦那様といちゃいちゃしたとか…!!」

そんなサーシャの様子に目敏く気付くエレーヌ。だが変な方向に勘違いしていてちょっと下品な笑みを浮かべている。

「違うわ。昨夜のパーティーで素敵な人と出逢ったの」

「素敵な人ぅ?!もしかして旦那様よりもイケメンな男とか!」

「違うわよ、私と同じ位の年齢(とし)の女性よ。私と趣味や好みがとても似ていて、すぐに気が合って沢山お喋りしたの」

「なあーんだあ、女の子かあ…」

サーシャの答えに何故かエレーヌは少し残念がっている。
そんなエレーヌの態度にサーシャは少し苦笑いしたのだった。

「あら、残念がること無いわ。エレーヌさんの事を話したら一度逢ってみたいと言ってたわよ」

「えー、でもその御方って身分が高い方なんでしょう?そんな御方があたしのような下々なんかは御相手にしないでしょう〜?」

「そんな事無いわよ。エリカさんにも以前居た年齢(とし)の近い侍女と仲良しで、よく色々なお話をしていたと仰有ってたわ」

「へえー、そっか、サーシャ様と仲良くなれる御方だから、やっぱサーシャ様のように優しい御方なんだー」

「ええ、きっとエレーヌさんも気に入る筈よ」

更新日:2019-04-01 17:01:29